« 足の裏にマメ | トップページ | 餃子の王将 »

2005/10/02

大井川町30kmマラソン

今日は8月以来、1ヶ月振りのマラソン大会に参加してきた。
「大井川町30kmマラソン」は30kmのコースのみ。この大会は初参加。
来年1月の宮古島100kmの前哨戦のつもりでエントリーした。
コースは大井川沿いに作られた一部ウレタン舗装のジョギングコース。
ほぼフラットなコースらしいので走りやすそう。
ただ、3日前に練習中に出来た足の裏のマメで、ちゃんと走れるかすごく心配・・・。

会場には8時過ぎに到着。初参加の大会は、いつもにも増してワクワクドキドキする。
天気は快晴。ただし風が強い。
ランナーにとって、風は敵にもなるし、味方にもなるやっかいな存在。
足の裏のマメには、絆創膏2枚とテーピングで3重に保護。
ウオーミングアップで走ってみたが、なんとか普通に走れそうだ。良かった。

今回の参加者は300人弱と少ないが、皆、それなりに走りこんでいそうだ。
9:55、唯一の車椅子での男性ランナーが一人先にスタート。(一瞬、自分のスタートだと思ってビックリした)
10:00一般の部、スタート!
前半は5km28分ペースで。やはり向い風がきつく、なかなかスピードに乗れない。
後半折り返し18km付近で風は追い風となり、背中を押されるようにして走ることができた。
ただ、暑さが厳しく、スタミナがどんどんなくなっていく。
10月というのにまだセミが鳴いている。
給水所が”砂漠の中のオアシス”のように思えた。
川沿いのコースだけに、数キロ先まで見渡せるが、はるか先に見える給水所が陽炎となってユラユラ揺れている。
”蜃気楼”でないことを祈った。
最後5kmを気力で走って、やっとゴール!!
ゴール直後に参加賞を受け取って、芝生の上でバタンキュー。
キツかった~!でも、完走できて良かった。
タイムも目標の3時間を切れたし、上出来だ。

走ってみてあらためて思ったが、100km完走できたからからといって、30kmが楽勝ということは決してない。
5km、10km、20km、ハーフ、30km、フル、100kmと、それぞれの苦しさと楽しさ、感動があり、マラソンって本当に奥が深い競技だと思った。

お疲れさん!

■今日のメニュー
「第4回 大井川町30kmマラソン」30kmコース完走 タイム2時間50分39秒

|

« 足の裏にマメ | トップページ | 餃子の王将 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井川町30kmマラソン:

« 足の裏にマメ | トップページ | 餃子の王将 »