« ふじかわキウイマラソン | トップページ | 紅葉を見ながら »

2005/11/26

日没時刻との競争

日に日に日が暮れる時間が早くなっている。

仕事は残業がなければ午後3時には自由の身となれる。
仕事の後でも充分走る時間があるという訳だ。

しかしこの頃は、のんびりと走っている場合でもなくなってきた。
日が短くなり午後4時を過ぎると、あっという間に真っ暗になってしまうからだ。
夕方は交通量も多くなり、夕暮れ時は視界も悪く、ロードを走るのは危険を伴う。
だから仕事が終わったらなるべく早く走るようになってきた。

日没時間を気にしながら走るというのも季節が冬になってきた証拠なんだなぁと思った。
年間を通じて走っていると、季節の変化を感じることができて、とてもおもしろい。
これから冬本番を迎え、どんな変化を感じることができるのか、楽しみだ。

■今日のメニュー
友愛パーク&ロードコース一周 40分ジョグ(7km)

|

« ふじかわキウイマラソン | トップページ | 紅葉を見ながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日没時刻との競争:

« ふじかわキウイマラソン | トップページ | 紅葉を見ながら »