« 風が冷たい | トップページ | 第23回 大町アルプスマラソン(その2) »

2006/10/15

第23回 大町アルプスマラソン(その1)

初めて参加するマラソン大会は、いつもワクワクドキドキする。
「大町アルプスマラソン」(長野県大町市)も、今回初参加の大会だ。
日帰り参加も可能だが、少し距離があるのと、周辺には温泉がたくさんあるということで、1泊2日で計画を組んだ。

大会当日AM3:00自宅を出発。
大町市内で少し迷ったが、AM6:30会場の大町市運動公園到着。
ちょうど朝日が昇る時間で、間近に迫る2000m、3000m級の山々を明るく照らし始めた。
空は澄み切った青空。山は紅葉が始まっていた。とても清々しい朝だ。

朝早くから、子供から年配者まで、たくさんのランナーが受付を済ませていた。
この大会はフルマラソン(42.195km)だけかと最初思っていたが、実はとてもバラエティーに跳んだ”マラソンのデパート”のような大会だった。
種目を紹介すると、3km、3kmペア、5km、10km、ハーフ、ハーフ車椅子、フルマラソンまで。
これだけの種目を支障なく運営している大会関係者・ボランティアの方々の努力は並大抵ではないだろう。
素晴らしい大会だと思った。

体育館横で受付を済ませると、スポーツグッズの出店を覗いてみた。
実は新しい大会用ジョギングシューズが欲しいと思い、サイズが合えば買おうと思っていた。
お目当ては今秋のニューモデルでニューバランスの「RT901」。
これまではミズノのウエーブシリーズを愛用していたが、最近のモデルを試し履きすると、どうもしっくりしない。
ニューバランスは前から評判が良く、興味を持っていたので今度買ってみようかなと思っていた。
ラッキーなことに、ある店に実物が置いてあった。しかも定価の20%引きである!
20061015omachi2
これは買うしかない!と思ったが、衝動買いはいつもの悪い癖。
はやる気持ちを抑えて、サイズが合うか、しっくりくるか、しっかり試し履き。
25.5cmが自己サイズだが、ちょっと大きいようだ。
25.0cmを履いてみたら、しっくりきた。よし、これにしよう!
新しいシューズを目の前にして、このシューズで走ってしまおうか!?とも考えたが、やはりやめておいた。

駐車場に戻ると、隣に止まっていた幌付きの小型トラックから男性が降りてきた。
てっきりマラソンの準備をしている業者さんの車かと思ったが違った。この男性もランナーだった。
聞けば、生まれ故郷の四国で同窓会があり、その帰り道に大町アルプスマラソンに参加し、明日は山に登ってから自宅のある川崎に帰るとのこと。
凄いハードスケジュール!
「いくつに見えますか?」と聞かれたので「55歳くらい」と答えたら、なんと72歳だそうだ。
張りのある筋肉、つやつやの肌。どう見ても72歳には見えない。
自分の父親よりも年上なんてとても思えない・・・。
お名前はNさん。
家具の卸と引越しの仕事を今でも現役でされている”スーパーお父さん”だった。
大町アルプスマラソンは、フルマラソンで9回連続で参加した経験があり、ここ数年は体力が落ちてきたという理由で5kmに参加されているそうだ。

Nさんが受付を済ませている間に、さらに隣に止まっていた1BOXの男性に声を掛けられた。
埼玉から来たKさん。
大町アルプスマラソンは、今回が初参加とのこと。種目は私と同じフルマラソン。
マラソンを始めてまだ2年半だというのに、フルマラソンのベストタイムは3時間30分台とのこと!
私よりも20分も速いのだ!私と違って練習熱心なんだろうなぁ、きっと。(汗)
4月の長野マラソンにも参加されていたそうだ。
沖縄も大好きなKさんに「NAHAマラソン」や「宮古島100kmウルトラ遠足」を勧めたら、かなり興味を持って聞いてくれた。
もしかしたら、来年辺り本当に参加してしまうかも?!

受付を済ませたNさんと3人でスタート地点のグラウンドに向かう。
たまたま車が隣同士だったという縁で知り合った3人。
さっき会ったばかりなのに、もう何年も前から知り合いだったような、そんな気がした。

グラウンドに向かっている途中で、3kmの部がスタートした。
小中学生のランナーが勢いよく飛び出していった。皆、顔も走りも真剣そのもの。
こども達の純粋な気持ちが伝わってきて、かつての自分を重ねて懐かしく思った。

20061015omachi1
グラウンドでは、勇壮な太鼓の応援が。
スタート前に3人で記念撮影。
記念撮影が終わると、早くも3kmのトップが帰ってきた。さすがに速い!
次々と、ちびっ子ランナーがゴールへ。
中にはあと20mでゴールなのにコース途中にしゃがみこむ子供も。
「足が痛くて走れな~い」と言って泣き崩れている。
「あと少しだからガンバレ!」と周りの大人たちが励ますと、泣きながらも再び立ち上がってゴールしていった。
子供は子供なりに精一杯頑張っているよなぁ・・・と、自分が走る前からちょっと感動した。

■今日のメニュー
「第23回 大町アルプスマラソン」(42.195km) 完走。
記録:3時間54分25秒

|

« 風が冷たい | トップページ | 第23回 大町アルプスマラソン(その2) »

コメント

40になって、自己ベストは凄いですよ。しかも、5日前は腰痛だったのにね!次の大会はいつですか?陰ながら応援してますので、熊の着ぐるみで目立って下さい!!

投稿: あおぞら | 2006/10/24 21:27

>あおぞらさん
書き込み、ありがとうございます。今回は上手くいったようですね。
40才になって最初のマラソン大会、しかもフルマラソン。
天気も良く、記録も良く、素敵な出逢いもたくさんあり、40才の記念にふさわしい大会となりました。
腰痛もどこかに吹っ飛んでしまったようです。(笑)
次は11月12日(日)静岡県由比町の「浜石マラソン」です。
距離はたしか7kmほどだったと思います。
応援もありがとうございます。
あおぞらさんには、いつもなんだかんだと言ってますが、感謝してますよ。

投稿: 旅ランナー469号(管理人) | 2006/10/25 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第23回 大町アルプスマラソン(その1):

« 風が冷たい | トップページ | 第23回 大町アルプスマラソン(その2) »