« 「宮古島100kmウルトラ遠足」当日(その2) | トップページ | 「宮古島100kmウルトラ遠足」当日(その4) »

2007/01/13

「宮古島100kmウルトラ遠足」当日(その3)

再び狩俣中学校のエイドへ立ち寄る。
この暑さの中、サンタクロース姿のランナーさんを抜かす。
「サンタさん、ガンバです!」と思わず声を掛ける。
背中にはたくさんのプレゼントが入った袋を背負っていたから、これまた驚き。
(このサンタさん、実は翌日のワイドー100kmにも連戦していて、両大会とも完走していたのだ!)
島尻地区、40km地点通過時刻、9時27分。(スプリット4時間27分)
200711331

42km地点のエイドで休憩中、携帯が鳴った。
大町アルプスマラソンで知り合いになった埼玉のKさんからだった。
私のブログを見て、今日この大会に参加していることを知って、電話をしてくれたそうだ。
思わぬ激励を受け、元気が復活!

ここからは、宮古島の東海岸沿いを東平安名崎まで南下。
東平安名崎までの約30kmは、延々とさとうきび畑が続く単調な道のりだ。
昨年はこの30kmが倍以上の距離に感じたほど、辛く長い道のりだった。
すでにフルマラソンの距離を越えているが、今年は至って順調。笑顔で快走中!
45km地点通過時刻、10時5分。(スプリット5時間5分)

もうすぐ中間地点のエイドだ。
絞りたてのさとうきびジュースや、だんご汁が待っているはず。
ここまでの天気は曇り一時晴れ。
若干暑いが、風もほとんどなく走りやすい。

ようやく48kmの中間地点エイド「宮古島苧麻村」まで来た。
200711332
お兄さんが軽トラに乗せた絞り機で、生のさとうきびを絞っていく。
さっそく絞りたてのさとうきび100%ジュースをいただいた。
少しえぐみもあるが、甘くて美味しい。上等さぁ!

続いて、熱々のだんご汁を受け取る。
屋根のある小屋の中に入り、椅子に座ってゆっくりと味わいながらいただいた。
自然と顔もほころぶ。
おにぎり、パンなどの給食もいっぱいだ。
と、突然のにわか雨!でもすぐに止んだ。ホッ。

お腹も満足。そろそろ出発しよう・・・と、前方に見覚えのある女性が!
札幌のミニFM局・FMアップルのマラソン番組「アスリートの風」のコメンテイター斉藤店長さんではないか!
せっかくの機会。ぜひ斉藤店長さんと話をしてみたかった。

「あの~、もしかして斉藤店長さんですか?」
「はい、そうです」
「私、Ogamanさんの知り合いで、旅ランナー469号と言います。『アスリートの風』いつも聴いています」
(たしか、こんな会話だったと思う)

「アスリートの風」はラジオ番組だが、インターネットで生放送もしているので、静岡でもどこでも聴くことが可能だ。
しかも、スタジオ内をライブカメラで中継までしているのだ。
斉藤店長さんとは初対面だったが、パソコンの前で何度も拝見していたので、すぐに分かった。
実際に会ってみての印象は、とてもチャーミングで気さくな方だった。
200711333
一緒に記念写真もお願いしてしまった。
「一生の宝にします!」とお礼を言って、握手までしてもらい、中間エイドを後にした。
しばらくは、鼻の下が伸びたまま走っていたに違いない。(爆)

50km地点通過時刻、10時46分。(スプリット5時間46分)

|

« 「宮古島100kmウルトラ遠足」当日(その2) | トップページ | 「宮古島100kmウルトラ遠足」当日(その4) »

コメント

あ、斉藤店長だ。
ライブカメラ付きのラジオというのもなんだかヘンですが、おかげでこの出会いがありましたね。
いやー、よかった、よかった。

投稿: Ogaman | 2007/02/04 18:23

>Ogamanさん
斉藤店長さんとの出逢いが実現できたのも、Ogamanさんのおかげです。
感謝の気持ちでいっぱいです。

今度、札幌に行った際は「アスリートクラブ」にもぜひ寄ってみたいと思います。
私もフルマラソン以上の距離を走ると、なぜか足の指(特に親指)が死んでしまうので、オリジナルのインソールを作ってもらおうかと。
靴底の減り方も、かなり偏っていまして・・・。(爆)

そうそう、Ogamanさんお気に入りのビアバー(?)、HITOMIさんの「ナチュラルアスリート」にもぜひ!(笑)

投稿: 旅ランナー469号(管理人) | 2007/02/04 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宮古島100kmウルトラ遠足」当日(その3):

« 「宮古島100kmウルトラ遠足」当日(その2) | トップページ | 「宮古島100kmウルトラ遠足」当日(その4) »