« 今夜、長野へ | トップページ | 2007長野マラソン(その2) »

2007/04/15

2007長野マラソン(その1)

今年もやってきた「長野マラソン」。
初めてこの大会に参加したのが、2001年の第3回大会。
フルマラソン初挑戦、初完走した記念すべき大会だ。
当時は10kmコースをやっと完走できるくらいの初心者ランナーだった。
フルマラソンを走ろうなんて、夢にも思っていなかった。
ところがである。
富士山を海抜0mから一緒に登った長野の友人I君から「長野マラソンに出ないか?」と、誘いがあった。
はじめは、なんて無茶な・・・とも思ったが、一度くらいはフルマラソンを経験しても良いかな?と思い直して、参加することにした。
初めて挑むフルマラソンに対するプレッシャーは相当なものだった。
練習も危機感を持って臨んだ。
それまでは月に1,2回ジョギングしていたのを週2回は走るようにした。
そして、5時間の制限時間ギリギリだったが、なんとか初完走できたのだった。

あれから6年。
あの大会がきっかけとなり、年々マラソンの魅力にハマっていくのであった。

今年もI君はじめ、長野のラン友数名と参加することになった。
そして今年は『ムコ多糖症支援ランナー(愛称:ムコネットランナー)』として、オレンジのムコTシャツを着て走るのだ。
神奈川のぐるくんさん、大町アルプスマラソンで知り合った埼玉のKさんも昨年に続き参加しているはず。
再会が楽しみだ。

7:30、スタート会場の東和田運動公園に到着。
すでにたくさんのランナーが集まっていた。
ランナーの熱気が、ひしひしと伝わってきた。
心配していた天気も問題なく、清々しい青空が広がる絶好のコンディション!

2007nagano10
芝生のところで着替えていると「旅ランナーさん!」と声を掛けられた。
ムコネットランナーの「うみのくに」さんだった。
うみのくにさんとは初対面と思っていたら、今年1月の宮古島100kmウルトラ遠足で、東平安名崎ですれ違う時に会っていたそうだ。そういえば・・・。
私の着ていたオレンジのムコネットTシャツを見つけて、声を掛けてくれたとのこと。
さっそく一緒に写真を撮って、お互いの健闘を祈った。

携帯で神奈川のぐるくんさんに電話したら、会いに来てくれた。
毎日20km走は当たり前というハードな練習の積み重ねで、サブ3目前のぐるくんさん。
今回の長野マラソンで、悲願のサブ3を狙うと宣言!すごい!
ぜひ、達成してもらいたい。

またしばらくして、今度は埼玉のKさんと再会。
うみのくにさんと同じく、オレンジのムコネットTシャツで私だと分かったとのこと。
ムコネットTシャツの注目度は抜群のようだ。

8:10、荷物を集荷場に預けて、同じスタートブロックのラン友S君とスタート地点に移動。
招待選手紹介の後、ゲストの千葉真子さんから元気な生応援メッセージが。
「みなさ~ん、がんばってくださ~い!」と、キーの高い千葉ちゃんボイスが会場に響き渡ると拍手が起きた。
よ~し!頑張るぞ~!!
緊張してきたが、今年もこうして長野のスタート地点に立てた喜びをかみしめていた。

|

« 今夜、長野へ | トップページ | 2007長野マラソン(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007長野マラソン(その1):

« 今夜、長野へ | トップページ | 2007長野マラソン(その2) »