« 静岡駿府マラソン(その1) | トップページ | 久々スイム »

2008/03/02

静岡駿府マラソン(その2)

上空に浮かぶテレビ中継のヘリコプターの羽根の音が響き渡る。
期待と緊張もピークに。

2008sunpu32
10:05、号砲と共にハーフの部スタート!
歓声とともに拍手が沸き起こる。
テレビカメラに向かってカメラ目線で手を振った。映ったかなぁ?
静岡市のど真ん中、メイン道路を2000人以上のランナーが埋め尽くす。
すごい光景だ。

今日の目標タイムは、1時間40分切り。
できたら自己ベスト更新したいと思っていた。
だからスタート時のロスタイムは最小限に抑えたかった。

しかし、最初はどうしてもランナー渋滞となり、思うようなペースで走れない。
タイミングを見計らって、ランナーとランナーの間を上手にすり抜けていく。
だんだん焦ってきてペースを上げたくなるが、ここはぐっと抑えて、ほんの少しだけ余裕を持ったペースで走るように修正。

前半飛ばしてしまうと、後半必ず失速する。
何度となく繰り返してきた苦い経験。
今回は、そうなるまい。

本通りに出ると、反対車線には折り返してきた10kmコースのランナーが帰ってきた。
知り合いのランナーがいないか、しばらく道路中央に寄って走りながら探してみた。

しばらくして、オレンジのムコTにクマのプーさんの被りものをしたムコTランナー”くまプー”さんを発見。
しかし、声を掛ける間もなく行ってしまった。
続いて、筋トレ講座仲間のTさんを発見。
今度はお互い気が付き、ガッツポーズで見送った。

安倍川橋まで来ても、沿道の声援は途切れることがない。
ありがたい。

安倍川橋を渡りきると、安倍川の土手をしばらく走る。
最初の給水所で水とスポンジをもらう。

ここで、白鳥の被りものをつけた仮装ランナーと併走を始める。
性別は男だ。30代と思われるが、余裕の走りから、かなりの実力者と見た。
白鳥ランナーの注目度は抜群で、沿道からひときわ大きな声援をもらっていた。
このランナーさん、大きなアクションで沿道の声援に応えていた。
応援している人も、皆、笑顔だった。
だから仮装ランはやめられないね。

自分も”ピ○チュウ”で走れば良かったかなぁ・・・と少し思った。
いやいや、今日は真剣勝負、記録狙いで行くんだ!

5km地点通過、23分26秒。
理想通りのタイム。

白鳥ランナーとは、折り返し地点の用宗港まで一緒だった。
抜きたくても、なかなか差が縮まらなかった。
本気で走ったら、きっともっと速いんだろうな。

ところが、俊足だった白鳥ランナーのペースが急に落ち始めた。
チャンス!
折り返し手前の給水所で、ついに白鳥ランナーを捕らえた。
これで落ち着いて走れるぞ。
でもすぐ後ろにいることは、すぐ近くで聞こえる「白鳥、頑張れ~!」の声援で分かった。

10km地点通過、45分21秒。
おぉ、予定通りのタイムではないか!
まだまだ油断ならないが、1時間40分切りは達成できそうだ。

心配していた後半失速の気配も今のところ感じない。
筋肉の張りもまだない。

一人また一人と追い抜いていく。
どうやら”ランナーズハイ”になったようだ。
ペースは徐々に上がっているが、心地良ささえ感じる。
沿道の声援にも手を振って応える余裕があった。

再び安倍川の土手を走る。
さすがに息が上がってきた。
ここからが踏ん張りどころ。

15km地点通過、1時間6分38秒。
いいペースだ。
この先失速しなければ、かなり良い記録が出そう。

安倍川橋を渡ると長い直線となり、正念場の時間帯となる。
しっかり腕を振り、足はなるべく跳ねないようにスリスリと走るように意識した。
自称”省エネ走法”。

顔は苦しさでゆがみ、あごが上がってきた。
そんな中、沿道の「がんばれ~!」の声援がどんなに力になったことか。

ようやく駿府公園のお堀まで戻ってきた。
「あと2km」の表示。
この2kmが長いこと、長いこと。

せっかくここまで頑張ってきたんだから。
もう格好なんて気にしてられない。
必死になってラストスパート。
苦しさのあまり、涙が出てきた。

長い長いお堀を一周して、ようやく公園内へ。
と、すぐそばで筋トレ仲間のT君が応援してくれていた。
苦しかったが、ガッツポーズで応えた。

ゴールゲートが見えた。
最後の一歩まで力を振り絞って、ゴール!!

やった~、目標達成だ。
しかも1時間35分を切っているなんて。

ゴール直後はまだ酸欠状態だった。
長椅子に座って、しばらく動けなかった。
ジワジワと、うれしさが込み上げてきた。

2008sunpu2
出せる力は出し切った。
自分でも、よくここまで復活できたと思った。
2月にインフルエンザで5日間も寝込んだ時は、どうなることかと思ったが。
ピンチはチャンスでもある。それは本当だ。

ゴール後、5kmに出ていた親友H君と筋トレ仲間のT君が出迎えてくれた。
着替え終わって帰る間際に、ラン友のチャコさんご夫妻と、久々に再会することができた。
お元気そうで安心した。

あらためて、良いレースだった。
今回の経験を4月の『長野マラソン』、そして6月の『サロマ湖100kmウルトラマラソン』に繋げていきたい。

■今日のメニュー
『第33回 静岡駿府マラソン』(ハーフの部)完走。
記録:1時間32分49秒(自己ベスト更新)

|

« 静岡駿府マラソン(その1) | トップページ | 久々スイム »

コメント

お久しぶりです・・

駿府ハーフお疲れ様でした。
そして自己ベスト更新おめでとうございます!
努力家の旅ランナーさんなのでこの結果は出るべくして出たのですね。
近いうち僕も旅ランナーさんに追い越されそうですね・・練習しなければ。

まずは明日の京都シティハーフ頑張ってきます。

投稿: すなぎも | 2008/03/08 10:45

>すなぎもさん
お久し振りです!
今日は京都シティーハーフでしたか。
足の具合を確かめながらの参加だったと思いますが、いかがだったでしょうか?

私は今回、ハーフを自己新で完走できましたが、あらためて、フルマラソンを3時間以内で走ることが凄いことか、身に染みて分かりました。
サブ3達成されているすなぎもさんの努力にはとてもおよびません。
レベルの差はあっても、お互い良い刺激となって練習も頑張れればいいですね。

投稿: 旅ランナー469号(管理人) | 2008/03/09 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡駿府マラソン(その2):

« 静岡駿府マラソン(その1) | トップページ | 久々スイム »