« しまなみ前の最終ラン | トップページ | 練習再開! »

2008/06/07

『2008年 しまなみ海道100kmウルトラ遠足』

『宮古島100km遠足』で知り合った広島のラン友Sさんから「しまなみ、とってもいいですよ!参加してみませんか~」と熱いお誘いがあり、今年ようやく実現。

評判通り、美しい風景、お楽しみ一杯のエイド、地元の皆さんの暖かい応援と、本当に素晴らしい大会だった。
結果は13時間6分台と100kmウルトラの自己ワーストタイムの完走だったが、精一杯頑張った結果なので悔いはなし。

当日の天気は、晴れ時々曇り。
日中暑くなることを覚悟していたが、薄い雲と涼しい風のおかげで、暑さはほとんど感じなかった。
ベストコンディションだった。

200867shimanami6_2
スタートは広島県福山市の福山城。
1000人以上の参加者がいたとはビックリ!
スタートして城の外へ出るまでランナー渋滞で10分ほど掛かった。

福山から尾道まで約20km、国道2号線を併走。
尾道大橋が見えた時、いよいよ”橋の旅”が始まるんだなぁと思った。

200867shimanami5
エイドの充実振り、すごかった。
ぶっ掛けうどん、そうめん、スイカ、オレンジ、さくらんぼ、カステラ、あんパン・・・。

因島のエイドでは、太鼓の歓迎と生絞りオレンジジュースが登場。
200867shimanami1
生口島の中間エイドでは、誘ってくれた広島のS夫妻と再会した。
50kmの通過タイムは6時間4分。
もしかしたらサブ12いけるかも!そう思った。

伯方島70kmのエイドでは、個々のゼッケン番号と名前をマイクで呼んで応援してくれた。
これには大感激!

ここまでキロ7分ペースを維持しながら、エイドと階段以外はほとんど歩くことなく快調だった。
これなら自己ベスト更新間違いない!そう思った。
ところが・・・

75kmを過ぎた頃から、みぞおちの辺りがしくしくと痛くなり、食欲も急激になくなっていった。
4回分持ってきた胃薬も、あと一回分で終わり。
もっと、持ってくれば良かった・・・。

80kmのバラ園エイドでは何も手をつけず、自販機で買った炭酸飲料を少しの飲むのがやっとだった。
それでもまだ足の方は元気だった。

残り20km、日頃の練習で普通に走っている距離だ。
少しくらい辛くても、なんとか走りきれるだろう・・・そう思いたかったのだが。

最後に渡る来島海峡大橋が見え始めた83km付近、どうにもこうにもみぞおちの辺りが痛くて苦しくてしょうがない。
歩きたくはなかったが、ガマンできずにとうとう歩き始めてしまった。

200867shimanami3_3
辛さを和らげたい気持ちもあって、近くで歩いてた女性ランナーさんに声を掛ける。
「あの橋、すごくきれいだけどすごく長いですね~」
「ほんまやね~」
二人で苦笑い。

その後もエイドに寄っても食欲がまったくなく、水を少し飲んで塩飴を舐める程度しかできなかった。
走りたいけど走れない、自分でもどうしようもないもどかしさ。
ランナーのために最大限サポートしてくれるエイドの皆さんに、愛想良く対応できない自分。
本当に申し訳ない気落ち。

最後の橋、来島海峡大橋は3つの橋が繋がっていて、その距離なんと4000m!
これからあの橋を渡るんかい?!
最後にきて、罰ゲーム??と思ってしまった。

橋の上はほとんど歩いてしまった。
ウルトラマラソンの怖さ、奥深さをあらためて知った。
ゴールにたどり着くまで、何が起きるかわからない。油断大敵だ。

サブ12は諦めたが、完走だけは絶対に諦めたくない。
その気持ちだけで、前に進んだ。
小島が浮かぶ瀬戸内海の美しい風景が、みぞおちの痛みを一瞬忘れさせてくれた。

長い長い来島海峡大橋を下りてようやく四国に渡ったのだが、感激に浸る余裕もなく、痛むみぞおちを手で押さえながら、一歩ずつゴールを目指した。

思考能力もかなり低下。
5kmごとに測っていたラップも忘れていた。

エイドに用意してあるバケツの水をひしゃくですくって頭に掛けようとするのだが、ひしゃくが手から外れてしまって、なかなか持てない。
こりゃ、だいぶ疲れてるなぁ。

ゴールまであと2km。
今治市街商店街に入ると、地元の皆さんから「あと少しだよ、頑張って~」と何度も声を掛けてもらい、元気が出た。
神奈川のえりちゃんファミリーからも、応援の電話をいただいた。

左折の目印を見過ごしてしまい、100mほどコースを外れてしまったが「そっちじゃないよ~」と他のランナーさんが教えてくれて助かった。

200867shimanami4
今治城の中を通り、残り1km。
あと少しでゴールなんだ。頑張れ自分!

長く長く感じた最後の直線道路を右折。
ゴールまでの10m、ここだけは走らねば。
「おかえりなさ~い」の大声援。万歳しながらゴール!
ふぅ、やっと終わった・・・。

ゴールゲートでは、ラン友のシゲキングさんが待ち受けてくれていた。
ありがとう!

ゴールした感激より、早く座って休みたい、というのが正直な気持ちだった。
会場内で30分余り椅子に座ってぐったりしていた。
隣のランナーも、その隣のランナーも同じように・・・。
みんな、お疲れさん。

今まで足の痛みで走れなくなったことはあったが、胃痛であそこまで走れなくなるとは。
初めての経験だった。
実際、足の痛みはほとんど感じなかった。

タイムはワーストとなったが、不思議と気持ちは晴れやかだ。
悔しさもなし。
自分としては、やるだけのことはやったからなのだろう。

苦しさも楽しさも全部含めて、ウルトラマラソンを満喫できた今回の『しまなみ海道』。
2週間後のサロマがちょっと心配だが、とにかく悔いのない走りをしたい。
目標は制限時間(13時間)内完走だ。

■今日のメニュー
『2008年しまなみ海道100kmウルトラ遠足』完走。
記録:13時間6分42秒

|

« しまなみ前の最終ラン | トップページ | 練習再開! »

コメント

今後はHNを統一します。(笑)

さて、今回はお疲れ様でした!
苦しいレース展開になってしまったようですが
そんな状況下でも完走できたのが旅ランナーさんのタフさではないでしょうか。
僕もしまなみは初めてでしたが人の暖かさに触れ来年も参加したいと強く思いました。
とにかくゆっくり休んでくださいね!

P.S シゲキングさんとはなんと帰りの飛行機も一緒でした。

投稿: すなぎも(別名ぐるくん) | 2008/06/09 14:19

>すなぎもさん
しまなみ、お疲れ様でした!
とても良い大会でしたね。
素晴らしいタイムでの完走、おめでとうございます。
この調子で100kmサブテン、目指してください。

今回走ってみて、また新しい自分をいくつか発見しました。
今後の人生に繋げていきたいと思います。
帰りの飛行機でシゲキングさんと一緒でしたか。
道後温泉も寄りましたか?

投稿: 旅ランナー469号 | 2008/06/09 18:49

『しまなみ』お疲れさまでした!
最後は慌しいお別れとなってしまい申し訳ありませんでした。
翌日が仕事だったため、夜行電車に乗るために焦っていました(@_@。

今回はお天気もまずまず、景色も最高でしたね!
わたしも苦しい100キロの旅になってしまいましたが、いい思い出のひとつに加わりました。

次は『サロマ』!
頑張ってくださいね!!

投稿: あやの | 2008/06/09 22:28

>あやのさん
「しまなみ」お疲れ様でした~!
100km走って、夜行で帰って、そのまま出勤だったんですね。
ある意味、ウルトラ第二幕でしたね~。こちらも大変お疲れさまでした~。
大会前日の打ち上げも楽しかったですね。
あやのさんも、思い出に残る100kmの旅となりましたか。
私も終わってみれば、楽しかった100kmと100m(笑)の旅でした。

サロマも完走目指して頑張ります!

投稿: 旅ランナー469号 | 2008/06/10 16:06

はじめまして。JogNoteのマイレースをたどって来ました。

しまなみ海道、おつかれさまでした。うす曇りはちょっぴり残念でしたが、何度か太陽が顔を出したものの、かんかん照りで暑くならなかったのは幸いでしたね。

途中、体調は大変だったんですね。そんな中、完走おめでとうございます。私は2度目のウルトラで、多少不調がありながら、なんとか完走できました。

間をほとんどおかずにサロマってすごいですね。私もいつか行きたいと思ってあこがれてます。楽しんできてくださいね。

投稿: サンタパパ | 2008/06/14 00:40

>サンタパパさん
サンタパパさん、はじめまして!
コメント、ありがとうございます。
しまなみ完走おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。
当日は暑くなることを覚悟していましたが、瀬戸内の風が味方してくれました。
静岡でいつも見ている太平洋とはまた違った瀬戸内海の風景を存分に楽しみながら(苦しみながら。笑)、参加することができました。
サロマは制限時間と関門が厳しいですが、それはまた独特の緊張感があって、いいものです。
悔いのないよう精一杯走ってこようと思います。
サンタパパさんも、ぜひ一度挑戦してみてくださいね!

投稿: 旅ランナー469号 | 2008/06/14 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『2008年 しまなみ海道100kmウルトラ遠足』:

» 2008年しまなみ海道100kmウルトラ遠足 1 「福山城から尾道大橋へ」 [よっこらしょ]
IF YOU DON'T HURRY YOUR LIFE IS FULL OF WONDERS AND JOY 物心がついた頃には山に囲まれた筑豊盆地にいた私にとって、海は大きなあこがれだった。そして小学校6年の時から山口県岩国市に移動して1年間、その後高校1年まで徳山市(当時)に4年間住むことになった私には..... [続きを読む]

受信: 2008/06/14 00:41

« しまなみ前の最終ラン | トップページ | 練習再開! »