« 今年も大町へ | トップページ | 2008年10月第4回筋トレ講座 »

2008/10/19

『2008年 大町アルプスマラソン』完走記

昨晩はランナー3人相部屋だった。
もっとも10畳の和室二間に3人だから、個室以上に広かったが。
なかなか寝付けず、痛めた左太ももを布団の中でマッサージしていた。
どうか怪我だけはしないように・・・と。

今朝の大町市は昨日に続き、雲ひとつないマラソン日和。
朝方はかなり冷え込んだ。
民宿の朝食時には石油ファンヒーターが稼働!
さすが北アルプスの玄関口。

7:30、マラソン会場の大町運動公園に到着。
会場内は多くのランナー、そして応援の人々で賑わっていた。

Ca3a0022_r
今回の服装は、ロングTシャツの上に半袖Tシャツを重ね着。
下は痛めている膝下をサポートするために、ロングスパッツを着用。
プラス、いつものラン用キャップ。手袋はまだいらない。

駐車場では神奈川のNさんと一年振りの再会。
3年前にこの大会で偶然知り合いになってから、毎年この大会だけで再会している不思議なご縁。
Nさん、なんと74歳!
自分の父親より年上だが、どう見ても60歳くらいにしか見えない。
いまだ現役で働いているという元気いっぱいのランナーさん。
さすがに数年前からフルマラソンは走れなくなったそうで、今年も5kmに出場とのこと。
自分がその年になって、まだランナー現役でいられるだろうか。

Dsc05024_r
9:00、フルの部とハーフの部が同時スタート。
フルマラソンは、4月の『長野マラソン』以来、半年振りの挑戦だ。
足の調子を考えて、今回の目標タイムは4時間30分に設定。
もちろん「怪我なく楽しく完走」が一番の目標!

スタート直後は、周りのペースに合わせてキロ7分代で様子をみていたが、んん~かなりゆっくりだ。
我慢できずにペースを上げた。
だが、果たしてゴールまで足がもつだろうか。
一抹の不安を抱えつつも、徐々にペースは上がり、5km地点ではサブ4のペースランナーを抜いてしまった。

スタートからいったん下って8km地点で折り返し、今度は13kmも続く長い上り坂。
思った以上に汗を掻いている。暑い!
足の調子を気にしながらも、キロ5,6分ペースで快調に走る、走る。

さすが信州。
りんごの木には、真っ赤なりんごがたわわに実っていた。
そば畑では、そばの実が黒く実っていた。新そばシーズンだなぁ。
道端には道祖神。
Dsc05027_r
近くの山々は紅葉が始まっていた。
次々に変わりゆく秋の風景。
ただ走っているだけじゃもったいない!風景も楽しまなきゃ。

大町温泉郷を過ぎ、20km地点ではお楽しみのエイド。
パンとバナナをいただく。

大きな木を過ぎて右折。源汲橋を越えて長い上りもいったん終了。
しばらくは緩い下り坂。目指すは折り返しのある木崎湖へ。

ここまでは自分でもびっくりするくらい順調だ。
どうやらランナーズハイになった模様。
ところが25kmを過ぎた頃から、心配していた左ひざの裏が痛み出した。
左足の負担を右足でカバーしていたが、今度は右足の膝頭が痛みだした。
一瞬、リタイヤという言葉が頭をよぎる。
ここからが踏ん張りどころ。
ウルトラランナーの意地もあって、エイド以外は絶対に歩かないゾ!と心に誓った。

28キロ地点、木崎湖温泉地区に入る。
沿道の応援も多くなる。元気が出た。
昨晩泊まった民宿の前で、女将さんと家族の方が応援してくれていた。

Dsc05028_r
木崎湖の湖畔をしばらく走ると折り返し。
木崎湖キャンプ場のトイレに昨年同様、寄る。
トイレロスタイム約2分。

再び木崎湖温泉地区。
民宿の女将さんが飴とミニトマト、ぶどうを用意して待っていてくれた。
ミニトマトの美味しかったこと!ごちそう様でした。

30km過ぎて、緩い上り坂が続く。
ここが一番苦しいところ。
ペースはどうみても落ちている。
サブ4のペースランナーに、いつ抜かされるかと、恐怖感さえあった。

源汲橋を越えれば、後は下りだ。
足の痛みはかなりのものだったが、なんとか意地で歩かず源汲橋まで来ることができた。
昨年はここから怒涛のラストスパートが始まった。
今年はまったく元気なく、とにかく一歩ずつゴールを目指す。

35km地点のエイドで”塩”を発見!
塩を一口、二口なめた。
するとどうだろう、動きが鈍くなった足が再び元気を取り戻してきた。
すごいゾ、塩パワー!

ほんの少しだがペース回復。
サブ4も現実味を帯びてきた。
しかしフルマラソン、最後まで何があるか分からない。
油断は禁物だ。

40km地点、昨日受付前に会場からここまでジョギングしたところ。
あと少し、頑張れ自分!
会場の方角から、表彰式のマイクアナウンスが聞こえてきた。

運動公園に入ると「お帰り!もう少し!頑張れ!」の声援を受ける。
油断すると涙腺が緩みそう。
声援に後押しされながら、最後の力を振り絞って競技場内へ。

Ca3a00231_r
あぁ、今年もこうして帰ってこれたなぁ、とプチ感動しながらゴール!
受け取った大型タオルで顔の汗を拭う。
競技場内の芝生の上で大の字になって寝た。
安堵感と達成感が体中に広がる。
怪我なく無事完走できて本当に良かった。
そして今回もサブ4達成できたなんて・・・。

大会スタッフの皆さん、そして大町市民の皆さん、本当にありがとうございました!

■今日のメニュー
「第25回 大町アルプスマラソン」(42.195km)完走。
記録:3時間45分51秒

(参考スプリットタイム)
 5km 25分57秒
10km 50分48秒
15km 1時間17分3秒 
20km 1時間44分25秒
25km 2時間10分21秒
30km 2時間37分37秒
35km 3時間7分9秒
40km 3時間34分13秒
ゴール 3時間45分51秒

|

« 今年も大町へ | トップページ | 2008年10月第4回筋トレ講座 »

コメント

旅ランナーさん、こんにちわ。
大町フルマラソン完走おめでとうございます。足の具合はその後いかがですか?故障をかかえてのサブ4、ナイスランです。    ゆっくりと休んでください。完走記読んでいて、思わず力入っちゃいました。

投稿: イージーライダー | 2008/10/22 08:23

>イージーライダーさん
ありがとうございます。おかげさまで、普通に歩けてます。毎朝、エアーサ○ンパスが欠かせませんが(笑)
タイムより完走と言いながら、しっかりタイムを意識して走ってしまいました。本当に怪我がなくて良かったです。

投稿: 旅ランナー469号 | 2008/10/22 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『2008年 大町アルプスマラソン』完走記:

« 今年も大町へ | トップページ | 2008年10月第4回筋トレ講座 »