« レッドゾーン | トップページ | 練習再開したが »

2009/04/26

2009『チャレンジ富士五湖(100kmの部)』

Ca3a0170_r
昨年の『サロマ湖100mウルトラマラソン』以来の100kmウルトラ挑戦だった。

一年前、同大会の72kmの部に初参加。
「来年は100kmの部でサブテン(10時間切り)だ!」と意気込んでいたが・・・。

しかし転職をきっかけに生活環境が一変。
こんなにもできない自分だったのかと思い知らされる毎日。
「サブテン」どころではなくなっていた。

Ca3a0171_r_2
100kmの部、5:00スタート。
スタートしてからも、完走した自分が想像できなかった。

10km地点で早くも足が辛くなった。
これじゃハーフも走れないかも・・・。
弱気の虫がささやく。

Ca3a0178_r
12km地点、山中湖でフリーライターの夜久さんと再会し、元気が出る。
その後、徐々にエンジンが掛かり始め、気持ちも「走れるところまで走ってみよう」と思えるようになってきた。

走りながら考えた。どこまで頑張ろうかと。
そして目標をいくつか設定し、その目標をひとつずつクリアしていく作戦にした。

一つ目の目標は50km河口湖・浜小学校エイド。
二つ目の目標は、56km西湖・野鳥の森エイドのうどん。
三つ目の目標は、68km本栖湖折り返し・駐車場エイド。
四つ目の目標は、89km河口湖・えりちゃんファミリー私設エイド。
最終目標は、もちろんゴールの富士北麓公園。

それから、リタイヤする条件も。
1.歩くのも辛くなったら止める。
2、13時間をオーバーするようなら止める。

意外にも、スタート直後を除けば、90kmまで順調に走れた。

Ca3a0187_r
ラスト92.5kmからの急な上り坂は、ゴールを目指す誰もが避けて通れない試練の道。
本栖湖から折り返したころから、「12時間完走」を意識し始めていた。
ところが92.5kmを通過した時点で残り時間(午後5:00まで)45分しかない。
12時間切りのためには、この上り坂を歩いていては間に合わない。
なんとしても走りきらないといけない。

90km以上走った体で、キロ6分でこの坂を走るということは、相当無茶苦茶なことだと思った。
でも、やってみよう。結果はどうであれ、とにかくやってみよう。
ここで諦めたらきっと後悔するゾ!
そう何度も自分に言い聞かせ、歯を食いしばって走り続けた。

永遠に続くように感じた上り坂もようやく終わり、後残り500mは下り坂だけだ。
必死になってゴール会場の富士北麓公園を目指す。
そしてようやく公園内へ。

「おかえり~」「お疲れさま~」の声援に、涙が出そうになった。
そしてバンザイポーズでゴール!!


Ca3a0191_r
終わってみれば12時間切りで完走。
こんな弱い自分でも、最後まで諦めないでやってみれば「奇跡」も起きるんだなぁと思った。

応援、ありがとうございました!

■今日のメニュー
『第19回 チャレンジ富士五湖(100kmの部)』完走。
記録:11時間51分17秒

◎スプリットタイム(runnet速報より)
10km 01:03:08
50km 05:23:31
88km 10:31:11
Goal 11:51:17

|

« レッドゾーン | トップページ | 練習再開したが »

コメント

旅ランナーさん、チャレンジ富士五湖完走おめでとうございます。
弱いなんて、とんでもないです!
貴方のガッツにリスペクトです。
ナイスランでした。
ゆっくり休んでケアしてください。

投稿: イージーライダー | 2009/04/27 22:08

>イージーライダーさん
ありがとうございます。
このところの自分は、かなり弱気モードだったんですが、100km完走できて、少し自信を取り戻しました。
体のダメージも思ったほどではありませんでした。
明日には練習再開しようかな?と思っているところです。

投稿: 旅ランナー469号 | 2009/04/28 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009『チャレンジ富士五湖(100kmの部)』:

« レッドゾーン | トップページ | 練習再開したが »