« 調整ラン、その2 | トップページ | またやってしまった! »

2009/10/18

2009年『大町アルプスマラソン』

Ca3a03862_r
絶好のマラソン日和に恵まれた『第26回 大町アルプスマラソン』。
フルマラソン一般男子の部、3時間30分53秒で無事完走できました。
自分でもびっくりのセカンドベストでした!

以下、完走記です。

*  *  *  *  *

この大会、2006年から4年連続で参加。
昨年までは木崎湖温泉の民宿に一泊して参加していたが、今年から仕事の都合で日帰り参加となった。

大会当日、深夜2:30に自宅を出発。
中央高速利用で朝6:00過ぎ、会場の大町市運動公園に到着。
ちょうど朝日が高瀬川の向こうから昇ってきたところだった。
Dsc05421_r

昨夜はけっこう雨が降っていたようだ。
そして朝方まで深い霧。
でも今は霧も取れて絶好のマラソン日和に。
なんて運がいいんだろう!

スタート前、愛知のラン友Hさん親子と再会。
自分もHさんも、フルマラソン挑戦は久々なので、ちょっと緊張気味だ。

9:00、フルマラソンの部、スタート!
陸上競技場を半周して公園内からロードへ。
まずは松川村方面に緩やかに南下。

最初の5kmラップは24分45秒。
キロ5分を少し切るペースは、スタート直後ではちょっと早過ぎか?
それでも足も軽いし、無理して走ってる感じもないし、しばらくこのままのペースで様子をみることに。

Dsc05443_r_3
8km付近で一回目の折り返し。
今度は微妙な上り坂になる。
10kmの通過タイム、49分31秒。
このまま行ったら、自己ベストにかなり近いタイムで完走してしまう・・・って、そんなに甘くはないゾ。

その時、目の前にいた登録選手のゼッケンを付けた若い男性ランナーからこんな会話が聞こえてきた。
「今回は調整のレース。3時間30分のペースランナーのつもりで走る・・・」
おっ、それならちょっと付いていってみようか・・・そう思った。

その男性ランナーと少し話をした。
今回は『つくばマラソン』のための調整レースとのことだった。
普段はサブスリーランナーで、昨年もここ大町で調整をして、つくばで好成績が出たそうだ。
「25km過ぎたらぶっちぎりますよ!」との予告は本当だった。
20km地点くらいまではなんとか付いていけたが、その後ペースが急に上がり、あっという間に姿が見えなくなってしまった。
さすがサブスリーランナー!

Dsc05448_r
大町温泉を過ぎると、毎回楽しみにしている給食エイド。
バナナ、リンゴ、ひと口サイズに切ってくれたクロワッサンをいただいた。
ごちそうさまでした~!

ここまでキロ5分前後で調子良く走れていたので、あえてペースは落とさず、こうなったら行けるところまで行ってみようという作戦に。
これまで上り坂だったことを考えると、このペースを維持できているのは、自分にとってかなり凄いことだ。

木崎湖温泉入口の25km付近では、またたくさんの沿道の応援に励まされた。
疲れも一瞬忘れてしまうほど。

毎年泊まっていた木崎湖温泉の民宿前を通過。
心の中で「今年は泊まれなくてスミマセンでした」と、つぶやく。
また近いうちに両親を連れて泊まりに来たいと思った。

Dsc05455_r
木崎湖キャンプ場のところで折り返し。
静かな湖面がきれいに見えた。
ここで愛知のラン友Hさんと、すれ違う。
快調な様子だった。

木崎湖温泉を抜けると、しばらくダラダラと長い上り坂。
沿道で応援してくれていた地元のおばちゃんが「おかえり~!」と声を掛けてくれた。
こんな地元の皆さんの温かい声援が、なによりもうれしい。

この30km~35kmの区間が一番辛くなる頃。
足の筋肉もだんだん硬くなってきて、思うように足が前に出ない。
ペースもガクンと落ち、後ろから来るランナーに次々と抜かれる。
たが、ここは我慢のしどころ。
源汲橋を越えれば、あとは下り坂だ。ガンバレ、自分!

Dsc05456_r
ようやく上り坂のピーク、源汲橋を渡り、しばらくすると35km地点。
これから先はほぼ下り坂だ。
重力の法則にしたがって?、ブレーキをかけずに一気に駆け下りたい。
前後のランナーもまばらとなり、一人旅状態の時もあり。

ところが、急に股関節が痛み出した。
今まで経験した事のない箇所だった。
股関節が痛くなると、足を前に出すことが辛くなり、歩幅を広げたくてもそれができない。
さてどうしようかと考えて、歩幅を狭めてチョコチョコと走ることにした。
これなら股関節の痛みも少なくて済みそうだ。

一人、また一人と、先ほどの上り坂で抜かれたランナーに追いつき、追い越した。
アゴも上がって、呼吸もかなり苦しいが、ここが頑張りどころ。

ゴール手前5kmからは、距離表示に「残り○km」が加わった。
この大会の良いところのひとつに、1kmごとに距離表示がしてあるところ。
初めて参加するランナーにとっても、ペースがつかめやすくてうれしい配慮ではないか。

ついに40km地点を過ぎた。
競技場のアナウンスが聞こえてきた。
あと少し!
最後の力を振り絞って、走る、走る!

再び大町市運動公園に戻ってきた。
公園入り口から陸上競技場までのコース脇では、帰ってきたランナーに分け隔てなく「おかえり~」、「おつかれさま~」と、温かい声援が降り注ぐ。
もう少しで涙腺が緩んでしまいそうになった。

陸上競技場に入った。
スタートからずっと実況中継をしてくれている(これもすごいことだと思う)男性アナから「もうすぐ3時間30分が経過しようとしています」とコメントが。
なんだって~!
40km過ぎから時計を見るのは止めていたので、この放送を聞いてビックリした。
一瞬、3時間30分切り?!と、淡い期待がよぎったが。
でも、もうこれ以上スパートを懸ける力は残っていなかった。

Ca3a0389_r
トラックを3/4周して、ゴ~ル!!
タイムは、自分でもびっくりの3時間30分台。

ラン友Hさんも、無事サブフォーで完走。
おめでとう!!

練習不足で臨んだ半年振りのフルマラソン挑戦だったが、予想外に快調でうれしい結果だった。
最近の練習は、週3回がやっと。
月間走行距離も150km程度と昨年の半分。
これまではキロ6分ほどのペースでジョグすることが多かったが、練習量が減った分、ペースをキロ5分前後に上げてみたのが結果として良かったのかもしれない。
それから、筋トレのような毎日の力仕事で、筋力の維持ができていたのかもしれない。

まだまだ記録を伸ばせる可能性もあるのかなぁという、少し希望も膨らんだ今大会だった。

*  *  *  *  *

大会スタッフの皆様、大町の皆様、応援してくれたすべての皆様、ありがとうございました。

*スプリット&ラップ(参考タイム・手元時計で計測)
 5km:24分45秒(24分45秒)
10km:49分31秒(24分46秒)
15km:1時間15分1秒(25分29秒)
20km:1時間40分32秒(25分30秒)
25km:2時間4分48秒(24分16秒)
30km:2時間29分12秒(24分23秒)
35km:2時間57分9秒(27分56秒)
40km:3時間20分57秒(23分48秒)
ゴール:3時間30分53秒(9分56秒)

■今日のメニュー
『第26回 大町アルプスマラソン(フルマラソン一般男子の部)』 完走。
記録:3時間30分53秒

|

« 調整ラン、その2 | トップページ | またやってしまった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年『大町アルプスマラソン』:

« 調整ラン、その2 | トップページ | またやってしまった! »