« 待ちに待った晴天! | トップページ | 3月も半分過ぎる »

2010/03/14

花見ラン&『名古屋国際女子マラソン』

おととい金曜日は、長野の白馬へ日帰りスキーに行ってきた。
Ca3a0613_r
滑ったのは『白馬五竜&白馬47スキー場』。
青空が広がり、絶好の春スキー日和となった。
ポカポカと暖かく、雪山にも春の気配が。
それでも雪はまだ2m以上あった。
8:30から滑り始め、一時間の昼休憩を挟み、13:30には上がった。
スキー場最頂部から麓まで、10本ほど滑ったか。
一本滑るのに、途中で2,3回ひと息入れないと滑りきれない。
体力無くなってきたなぁと実感。
まあ無理して怪我したら、それこそ大変だから、体力相応で。
スキーウエアの中は半袖Tシャツ一枚だったが、汗びっしょり掻いた。
今シーズンは計2日間滑って、これにて終了!

今朝は激しい筋肉痛と共に目が覚めた。
特に腰から下が。
今日は走らないで完全休養にしようかなぁ・・・と、一瞬弱気になったが、この貴重な晴れ間に走らないのはもったいないゾ!と思い直して、昼前に『今宮バイパス坂道コース』をひとっ走り。
Ca3a0616_r
坂道コースに植えてある早咲きの桜の花は満開になっていた。
これからしばらくは”花見ラン”楽しめそうだ。
筋肉痛も、走っている間はそれほど気にならなかった。

ランを終え、テレビで『名古屋国際女子マラソン』を観戦。
優勝したのは加納由理選手。
ゴール直後、涙を流して優勝をかみしめていた姿が、とても印象的だった。
彼女のことを初めて知ったのは、1997年の『北海道マラソン』。
最高気温30℃という過酷なレースとなったが、加納選手はこの大会で優勝した。
自分もこの時”道マラ”に初挑戦していて、コース折り返しポイントで、女子トップで走る彼女の”生走り”を見たのだった。
体のブレがほとんどなく、細かいピッチで走るとてもきれいなフォーム。
あの時の道マラ以来、密かに(?)加納由理選手のファンとなっていた。
彼女は2年後のオリンピック出場を目指しているという。
ぜひ夢を実現させて欲しい。
そして、これからも応援していきたい。

■今日のメニュー
富士市内(今宮バイパス坂道コース) 1時間21分ジョグ(14km)

|

« 待ちに待った晴天! | トップページ | 3月も半分過ぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花見ラン&『名古屋国際女子マラソン』:

« 待ちに待った晴天! | トップページ | 3月も半分過ぎる »