« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月に作成された記事

2013/09/30

丹後100kmのゴール写真

あっという間に9月も最終日。
朝晩はかなり涼しくなり、昼間もカラッとした晴れ間が多かった9月。
連日の酷暑でぐったりだった8月が、もう懐かしく感じる。

とても走りやすい気候になったが、日没時間が日に日に早くなり、夕焼けに染まった西の空を眺めつつ、いろいろなことを思い感じながら、夕方ランする日が多くなった。

今月の走行距離249km。
「丹後100km」もあったので、「月間走行目標200km」は余裕で達成できた。
毎月こんな感じで走れればいいんだけど。意志が弱くて・・・。

*   *   *   *   *

注文していた「丹後100km」の写真が届いた。

Img005_r
強い雨に打たれながらのゴールシーン。
ゴールが見えても、まったくスパートが掛けられないくらい、疲労困憊していた。
でも、最後まで気持ちは折れなかった。
ライトに照らされた雨粒が、まるで紙吹雪のように、お祝いしてくれているかのよう。

こんなに弱い自分でも、100km完走できたんだ。
この事実、なによりの宝物。
きっと、今後の人生の糧になるだろう。

■本日のメニュー
夕方ラン(自宅~勘助坂~山本~自宅) 36分ジョグ(6km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/29

秋、満喫!3時間走

今日も朝から清々しい秋晴れ。
今日こそ午前中に走るゾ~!!

9:00、ラン、スタート!

ススキの穂が太陽の光でキラキラ光っている。
柿の実がたわわに実る。
青空には、筆でシュッと書いたような秋の雲。
すっかり秋だなぁ。

今日は時間の都合でかりがね堤はカットし、岩本の実相寺から始まる坂道をえっちらおっちら上る。

Ca3a0555_r
走る前はちょっと肌寒かったので、薄手の長袖Tシャツを着たが、すぐに暑くなって腕まくり。
昼間はまだまだ暑さが残る。

岩本山の奥では、まだ、ミンミンゼミとツクツクボウシが鳴いていた。
頑張るなぁ。

貫戸、星山放水路を往復。
富士山のまわりでは、数分刻みで雲が消えたり湧き出たり。

時間の経過とともに、日差しはキツくなり、汗が流れ始める。
持ってきたドリンクも底をついた。
自販機で補充完了!

走り始めて2時間が経過。
ようやく青木までやってきた。
ここまでは順調だったが・・・。

腰から背中にかけて、痛くなってきた。
足も重くなってきた。

信号待ちの間に、屈伸運動。
もう少しのガマン。

浅間さん横の広場では、地場産品の販売イベントが行われていて、多くの人で賑わっていた。

足が重くなり、浅間さんから自宅までいつも以上に長く感じた。
走り始めてからちょうど3時間。
自宅到着!

「丹後」以来のロング走。
良く頑張りました(^O^)。

■本日のメニュー
3時間走(自宅~湯沢平~岩本~実相寺坂道~貫戸~星山放水路~大中里~青木~浅間さん~自宅) 3時間1分ジョグ(30km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/28

「あまちゃん」終わっちゃった(涙)

9月最後の週末。
朝から清々しい秋空。
部屋にいるなんて、もったいない!

と言いつつ、午前中は部屋の掃除、そして、NHKの朝ドラ「あまちゃん」の最終週をBSで一気に観る。

あ~、終わっちゃった~。いいドラマだったなぁ。
キョンキョンの花嫁姿、アイドルの頃とはまた違って、すごく良かったよ。

「ちゅらさん」以来、久々にハマった。(でも、半分も観れなかったけど)
「じぇじぇじぇ~!」は、きっと今年の流行語大賞だろうなぁ。
パート2、ぜひやって欲しい!!

昼過ぎから走ろうと思ったが、陽射しがキツ過ぎて、躊躇してしまった。

Ca3a0553_r
16:00、ようやく涼しい風が吹き始めたので走り出す。

秋の夕暮れ。
陽射しの傾き加減といい、ちょっと冷たくなった風といい、草むらから聞こえる虫たちの鳴き声といい、なんともいえない切ない気持ちになる。
西の空がオレンジ色に染まり始めた。

「今夜はシチューね♥」なんてCMを思い出した。
夕飯は、レトルトカレーだったけど(´д`)。

■本日のメニュー
夕方ラン(自宅~勘助坂~岩本いろは坂~山本~自宅) 1時間10踏んジョグ(12km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/23

秋分の日

今日は秋分の日。
祝日で仕事休みだったが、今週末の土曜と振替えで出勤となった。
それでも定時で上がれたので、走る時間ができた(^O^)。

「丹後」のダメージもほぼ無くなり、以前と変わらず走れるようになった。

日に日に、日没時間が早くなってきた。
今の時期、「夕方ラン」する時間帯はちょうど日没時間と重なる。
Ca3a0550_r
オレンジ色に染まる西の空を眺めながら、のどかな茶畑の中を走る。
これぞ、”小さな幸せ”、いや”最高の幸せ”かもしれない。

極上の夕焼けを眺めながら、生きてて良かった、また明日も頑張ろう!と、思った。

■本日のメニュー
夕方ラン(自宅~勘助坂~岩本茶畑~山本~自宅) 56分ジョグ(9km)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/09/22

彼岸花ロード?

今週の休みは、今日一日のみ。
先週は三日も休めたんだから、贅沢言わない。

午前中は、実家の用事を片付け、午後は、11月の「尚巴志ハーフマラソン」参加のための飛行機や宿の予約を済ませた。
途中で眠くなって、昼寝もした。

気がつけば、もう夕方に(´д`)。

16:00、まだ明るいうちに走ってしまおう。

昨日はまだ足が重く感じたが、今日は実に軽快に走り出すことができた。
固まっていた筋肉が、昨日のジョグでほぐれたのかな?

かりがね堤まで足を伸ばす。
Ca3a0545_r
土手には、たくさんの彼岸花が咲いていた。
散歩の人も多く、一眼レフカメラを手にしたアマチュアカメラマンもチラホラいた。
残念だったのは、今日は富士山が雲に隠れて見えなかったこと。
天気は良かったんだけど・・・。

かりがね堤を折り返し、岩本のいろは坂を上ってからは、足や肩が辛くなり、歩きも入った。

持久力、まだまだだな。
徐々に練習量を増やしていこう。

■本日のメニュー
休日ラン(自宅~湯沢平~かりがね堤~岩本いろは坂~山本~自宅) 1時間40分ジョグ(18km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/21

ラン再開と彼岸花

丹後から一週間。
ようやく、ラン再開!

すっかり秋らしくなった「夕方ラン」コース。

田んぼでは、稲の刈り入れ真っ最中。

Ca3a0540_r
潤井川沿いでは、彼岸花を見つけた。
毎年、彼岸の頃になると一斉に咲き始める赤い花。
律儀な花だなぁ。

でも、勘助坂ではセミが絞り出すように鳴いていた。
頑張れ~!!

まだまだ丹後のダメージは残るが、それでもまた走れるようになってうれしい。

*   *   *   *   *

◎年末までのレース予定

・10月20日(日) 「大町アルプスマラソン(フル)」(長野県)
・11月3日(日)  「尚巴志ハーフマラソン(ハーフ)」(沖縄県)
・12月8日(日)  「袋井クラウンメロンマラソン(フル)」(静岡県)

■本日のメニュー
夕方ラン(自宅~勘助坂~岩本茶畑~山本~自宅) 56分ジョグ(9km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/15

2013「丹後100kmウルトラマラソン」

なんとか、昨年の宿題を果たすことができた。

昨年9月、「丹後100kmウルトラマラソン」に初挑戦。
残暑厳しい中、碇高原の上りで気持ちが折れ、時間があったにもかかわらず、85km手前のエイドでリタイヤを申告。
人生初のDNF(途中棄権)だった。

時間が経つにつれ、「なんであと15km、無理してでも進まなかったんだ!俺の馬鹿野郎!」という、悔しくて情けない気持ちが大きくなっていった。

「来年は必ず残してきた15kmを走りきって、ゴールするゾ!」と、強く誓った。

そして迎えた2013年9月15日。
2回目の「丹後ウルトラ100km」に再チャレンジ!

おりしも、台風18号が本州に近づいていた。
昨年は厳しい暑さになったが、今年は台風か・・・。
まあ、どんな状況であろうが、制限時間いっぱいまで前に進もう!

*   *   *   *   *

15日3:30、宿から会場まで歩いて移動。

心配していた天気だが、風もなく、たまに小雨が降る程度。
”嵐の前の静けさ”といった感じ。

歩いてる途中、3:30にスタートした「100km登録の部」のランナーとすれ違う。
「いってらっしゃーい」「頑張って!」と声援を送る。
よし!自分も頑張るぞ!!

会場の”アミティ丹後”は、台風前の蒸し暑さにプラスして、約2000人のランナーの熱気でムンムンだった。

Ca3a0508_r
会場の体育館に荷物を預け、神奈川のラン友Yさん、そして、広島のSさんとお互いの健闘を誓いあった。

4:30、ついにこの時が来た。
Ca3a0511_r
100kmの旅がスタート!!
なんだか胸がジ~ンときて、目がウルウルしてしまった。(はや過ぎってば!)

ポツリ、ポツリと雨が降ってきた。いよいよ来たな。

浅茂川港を過ぎ、海岸沿いの道幅が狭い上り坂となる。
ゆっくりゆっくり上っていく。

まだ周りは真っ暗だが、右手側を臨むと日本海が広がっていた。
そして、かなり高い崖の脇を走っていることに気づく。

最初の峠「七竜峠」は、難なく上りきった。
十数年前に「丹後半島単独徒歩の旅」をした時、この峠で夜になってしまい、野営したことを懐かしく思い出す。

少しずつ、明るくなってきた。夜明けだ。

七竜峠を下ると、夕日ヶ浦温泉。
朝早くから、地元の方が玄関前で応援してくれる。
おはようございます!応援、ありがとうございます!

雨は降っても小雨程度で、降ったり止んだりを繰り返している。
湿度が高く、けっこう汗を掻く。
この時点では、”シャワー替わり”の恵の雨だった。

Ca3a0514_r
久美浜湾を一周し、再び夕日ヶ浦温泉に戻り、二度目の「七竜峠」越え。
自分の中で、”復路の「七竜峠」は、歩かずに走りきる”と決めていたので、実行に移す。

”キツイ上り坂は無理して走らず、歩いて越える方が得策”なことは知ってはいたが、まだコース前半戦。
後半戦では、七竜峠の約3倍の標高差がある”碇高原越え”が待っている。
こんなところで歩いてしまっては、ゴールはかなり遠くに感じてしまうだろう。

Ca3a05172_r
二度目の七竜峠を越え、42.195km地点を通過。
通過タイム、4時間38分。
決して速いペースではないが、今のところいい感じで走れてる。

雨足が強くなってきた。時折、強い風も。
台風の接近を予感させる。

宿のある浅茂川地区に戻ってきた。
Ca3a0524_r
浅茂川漁港のエイドでは、温かいうどんと、マッサージのサービスがあり、ボランティアの中学生がランナーのために足を丁寧にマッサージしてくれる。
これが痛気持ち良くて。
ありがとう!中学生諸君!!

リフレッシュしたところで、再びコースへ。
前半は海沿いを走ったが、ここからは内陸部に向かう。

スタートして5時間が過ぎた。
まだ半分(50km)も走っていないが、足が重くなってきた。
歩いてるランナーも、チラホラ出てきた。

時折、「辛いから歩いちゃえ!」という悪魔の囁きが聴こえてきたが、無視することに。

それでもやっぱり辛いから、小さな目標を立てた。
50km地点までは、ガマンして走ろう。その代わり、碇(いかり)高原の上りは歩き倒そう!

そしてようやく半分の50km地点通過。
通過タイムは、5時間37分。
6時間以内に通過できれば・・・と思っていたからOKだ。

しばらく天気は安定し、曇り空。
蒸し暑く、エイドで吸水は欠かせない。
約3kmごとにあるエイドは、”小さな目標地点”でもあり、非常にありがたい存在。
Ca3a0527_r
弥栄庁舎のエイドでは、ミニばら寿司をいただいた。

この先は、いよいよ最大の難関「碇高原」が待っている。
道路案内表示板に碇高原の文字を見つけた。
しばらくして上り坂が始まった。

ここまでなんとか走ってきたが、ついに歩きだした。
周りのランナーも、ほとんど歩いている。

歩いている分には楽かな?と思っていたが、それは大間違いだった。
急に睡魔が襲ってきた。
ちょっと油断すると、歩きながら寝てしまっている自分がいた。
酔っ払いのようにフラフラしながら坂を上る。

内蔵の方もダメージが出始めたようだ。
持ってきた胃薬を10kmごとに飲んで、なんとかごまかす。
お腹の中にガズが溜まり、お腹が張って気持ち悪い。
トイレに行く回数も増えてきた。(全部で10回以上寄ったかな?)

標高が高くなるにつれ、天候も悪くなり、雨で体温が奪われて、寒気さえしてきた。
ヤバイ・・・。

こんなに辛い歩きになるとは、思ってもいなかった。
昨年は、この坂を上ってる時点で、心がポッキリと折れてしまった。

今年は、まだ諦めないゾ!
昨年の二の舞は絶対に嫌だ!

何度もカーブの上りを越え、やっとのことで碇高原へ。
待っていてくれたのは、広島のラン友Sさんの奥さんとお子さん。
思わぬ応援団に、一瞬疲れも吹き飛ぶ。
雨の中、応援、ありがとう!!

Ca3a0531_r
碇高原のエイド(73km地点)の天候は大荒れだった。
濃霧と強風と強い雨。
それでも、ボランティアの皆さんは笑顔を絶やさず、ランナーを迎えてくれた。
本当にありがたい。感謝!!

5分ほどエイドにいたが、寒くてたまらない。
「猛暑なのに低体温症」というニュースを思い出す。
ゲリラ豪雨などで濡れたままにしていると、低体温症になることがあるという。
それってもしかして・・・今でしょ?!

トイレに寄ろうとしたが、ペーパーがない!
なんてこった(´д`)。

こうなったら長居は禁物。
先を急ごう!

さあ、ここからはジェットコースター並みの下り坂。
エイドでもらった氷砂糖を口いっぱいに入れて、出発だ。
気合入れて走るゾ~!

下りは、かなり飛ばすことができた。
やっぱり”ごぼう抜き”は、気持ちいいね!

80km付近で、長い下り坂も終わり。
あと20km、されど20km。
本当の意味で、ここからが正念場。

足の裏が、めちゃくちゃ痛い!!(´д`)
ちょっとした上りでも、すぐ歩いてしまう。
体も水以外は受け付けなくなっていた。

とにかく前に進もう。もうそれだけ。
極限状態になると、思考もシンプルになるらしい。

Ca3a0532_r
ついに、84.8kmの「筆石エイド」まで来た。
昨年、リタイヤを申告した場所がここ。
今年はまだ諦めない。
昨年の宿題をやり終えに来たんだから。

強い雨と風の中、黙々と一列になって走るランナーたち。
時折、家の玄関先で傘を差しながら応援してくれる地元の皆さん。
こんな悪天候にもかかわらず、応援ありがとうございます!
なんて優しい皆さんなんだ!(感動)

エイド、そして、コース上で交通整理をしているボランティアさん、私たちランナーのために、長時間ありがとうございます!

本当にたくさんの方に支えられて、こうして走ることができてるんだなぁと、しみじみ思う。

網野町内に帰ってきた。
あと2kmの看板を過ぎた。

もう歩かない。
走ってゴールしよう!
頑張れ、自分!

残り500mのところで、神奈川のラン友Yさんに追いつかれた。
そして、あっという間に抜かれてしまった。

ついに「アミティ丹後」に戻ってきた。
万歳しながら、ゴール!!
ゴールに向かって一礼。

完走メダルを首に掛けてもらった。
長い旅がようやく終わった。
完走できて、本当にうれしい。
ありがとう!ありがとう!

Ca3a0537_r
この悪天候の中、長時間に渡ってランナーをサポートしてくれた大会スタッフさん、そして、大勢のボランティアの皆さん、本当にありがとうございます。ランナー以上に頑張ってくれましたね。感謝してもしきれません。

そして、京丹後市の皆さん、宿の皆さん、バスツアーのスタッフさん、応援してくれたすべての皆さん、ありがとうございました!!

■本日のメニュー
「第13回 丹後100kmウルトラマラソン」100kmの部、完走。
記録:13時間21分27秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/08

「丹後」直前のロング走

「丹後100km」まであと一週間を切った。
昨日は仕事だったため、ロング走できるのは今日一日のみ。
雨でも雪でも(←それはない)、決行だ!

8:30、霧雨の中、ロング走、スタート!

さて、来週の今頃は・・・30km地点を走っている頃か?
なんだか実感が沸かないなぁ。

Ca3a0495_r
かりがね堤は、天気が悪いせいか、散歩してる人も少なく静かだった。
あれだけ賑やかだった蝉の声も今はなく。

星山放水路を往復する頃には、空も明るくなってきて、気温も湿度も高くなってきた。

Ca3a0498_r
星山地区に広がる田んぼ、すでに半分ほどの田んぼで稲刈りが終わっていた。
もうすぐ新米の季節かぁ。

持ってきたドリンクは、あっという間に底をついた。

昨年の「丹後」は、ものすごくいい天気で残暑厳しかったことを思い出す。
今日の暑さなど、可愛いものだ。

走り始めて2時間経過。
腿から下の筋肉が張り出し、だんだん辛くなってきた。

まだ2時間しか経ってないのに・・・。

「今日は無理しないで、青木コースはショートカットして、浅間さん経由で帰ろうよ」と、弱気の虫が囁く。
「ダメダメ!今日は、マイフルコースを走りきるって決めただろ!」と、もうひとりの自分が叫ぶ。

そうだよなぁ。
今日、途中でくじけたら、来週は完走どころじゃないよなぁ。

もう一度、気合を入れ直して、足に力を入れて走り出す。
おっ、ペースが上がった!

お腹も空いてきたので、コンビニでおにぎりとコーラを買って、歩きながら補給した。

青木コースまで来ると、”ランナーズハイ”のようになり、足取りが軽くなった。
いいぞ、この調子!

Ca3a0500_r
後半はいつものように”富士山本宮浅間大社(通称=浅間さん)”に寄った。
世界文化遺産に認定されてから、初めてお参りした。

「来週は、無事完走できますように。そして、無事、家に帰ってこれますように」。
これぞ、「苦しい時の神頼み」(爆)。

無事、37km走りきって、家に戻ってきた。
なんとか、最低限のノルマは達成できたかな。

あとは、これから一週間、疲れを溜めないように、しっかり睡眠時間を確保して、体調管理に気を配ろう。
それから、大好きなコーヒーは、レースが終わるまで、しばらくお預け。
お腹が痛くなるからね。

■本日のメニュー
ロング走(自宅~湯沢平~かりがね堤~実相寺坂道~貫戸~星山放水路~西富士宮駅~大中里~青木~浅間さん~自宅) 3時間50分(37km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/06

痛み引く

昨日は仕事帰りに接骨院へ行き、腰のマッサージをしてもらった。
おかげで、ピーク時の痛みはなくなった。

Ca3a0492_r
夕方ラン中も、腰が痛くなることはなく、ホッとした。
ただ、油断は禁物だ。
気をつけよう。

■本日のメニュー
夕方ラン(自宅~勘助坂~岩本茶畑~山本~自宅) 55分ジョグ(10km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/03

またしても!

またしても、腰痛再発!

夕方ラン、走り始めて約10分後、ピキ~!と左腰の辺りに電流が走った!
イタタタタッ!!

筋をひねったような痛み。
しばらく立ち止まって、腰の周辺をストレッチ。

実は、2日前頃から前兆があった。

なんとか痛みはおさまり、ゆっくりと走り始める。
このまま歩いて引き返そうか?とも思ったが・・・。
やっぱり走ろう!

腰をかばいながら、ゆっくりゆっくり走る。
どうしていつも、大会前になるとこうなるんだろう・・・。

止める理由は、山ほど見つかる。

今月の「丹後」でも、きっと順調には完走できないだろう。
きっと、これでもか!というほどの問題が起きるだろう。
このくらいのアクシデントで止めてしまっては、完走は難しい。

Ca3a0491_r
不思議と勘助坂を上りきった頃には、腰の痛みを忘れて走っていた。

幸い、大会までにはまだ時間がある。
できるだけのことはして、悔いのないレースにしたい。

■本日のメニュー
夕方ラン(自宅~勘助坂~山本~自宅) 41分ジョグ(6km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/01

今日から9月

今日から9月。
今月15日は、いよいよ「丹後100kmウルトラマラソン(100kmの部)」に再挑戦!

昨年初挑戦したが、途中で走る気力が無くなり、85kmで自らリタイヤしてしまった。
今回、残り15kmをしっかり走りきって、昨年からの”宿題”をやり遂げたい。

*   *   *   *   *   *

Ca3a0489_r
16:30、沈みゆく夕日を眺めながら、夕方ラン、スタート!

「丹後100km」まであと2週間となり、こんな練習で果たして完走できるのだろうか?と不安になる。

だったら、もっと走ればいいじゃん!
それはそうだが・・・。

不安を感じつつも、”一日で100km走る”という非日常な体験を楽しみにしているのも事実。

とにかく、走ってみよう!!

■本日のメニュー
夕方ラン(自宅~勘助坂~岩本いろは坂~山本~自宅) 1時間11分ジョグ(12km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »