« 対策を考える | トップページ | 痛み再び »

2013/10/12

尾白川渓谷トレッキング

3連休初日。
今日は、嫁さんも仕事休み。
ということで、本当に久し振りに、二人で山歩きに出掛けた。

Rimg0469_r
場所は、山梨白州・甲斐駒ケ岳を源流とする尾白川渓谷。
近くには、サントリー白州蒸留所がある。
尾白川の水は、日本名水百選にもなっている。

10:00、登山口の市営駐車場に到着。
下道(R52、R20)で来たため、予想以上に時間が掛かってしまった。

10:10、トレッキング開始!

まずは、広い未舗装の道。
Rimg0472_r
Rimg0477_r
キャンプ場を過ぎ、駒ヶ岳神社で安全祈願。
吊り橋を渡って、ここから山道となった。

尾白川に沿って整備されたトレッキングコース。
白っぽい花崗岩の岩肌が特徴的。
巨岩も多数。
Rimg0484_r
Rimg0510_r
ハシゴやロープ、鎖場もある本格的な登山道。

上り下りを繰り返しながら進んでいくと、次々に現れる滝や淵。
Rimg0493_r
Rimg0503_r
Rimg0530_r
水が本当にきれい!
夏なら思わず飛び込んでしまうかも?!
100m以上ありそうな崖の横を歩いたり、よじ登ったり。
こんなにスリル満点なコースだとは、思わなかった。
来て良かった~。

12:00、歩き始めて2時間。
三段になった”神蛇滝(じんじゃたき)”が遠くに見える広い岩場で、おにぎり昼食。
自然の中でいただくおにぎりの美味いことったら!

山歩きに慣れてない嫁さんだったが、ここまで元気に付いてきてくれた。
マラソンも山歩きも、意外と向いてるかも。

ここで20分ほど休憩して、いよいよ今回のクライマックス、”不動の滝”へ。

30分ほど歩くときれいな吊り橋が見えてきた。
そして、その向こうには、大きな滝が!
ゴ~!!っという太い音を聴きながら、吊り橋を渡る。

滝壺まで行くには、大きな大きな花崗岩の岩をロープを伝って登らなければならない。
嫁さんには、ここでちょっと待っていてもらって、自分だけチャレンジ。

プチロッククライミング!
Rimg0525_r
巨岩の隙間を進むと、大迫力の滝壺が現れた。
水しぶきが凄い!

調子に乗って、もっと近づこうとしたら、濡れた岩肌に足を滑らせ、コケた(爆)。
危ない、危ない(大汗)。
こんなところで怪我したら、遭難騒ぎになってしまう(反省)。

冷や汗掻きながら、無事、嫁さんの元へ。
再び神蛇滝まで戻り、ここから尾根道で下山。

15:00、無事下山!
二人とも、怪我なく戻ってこれて良かった。

帰り際に、近くの「尾白の湯」に寄り、汗を流した。
大きな露天風呂から眺める甲斐駒ケ岳も絶景だった。

嫁さんの感想、「付いていくのに必死だったけど、すごく楽しかった!」とのこと。
トレッキング、最高だね!
また、季節を変えて登りに来よう!

■本日のメニュー
「尾白川渓谷トレッキング」(山梨県北杜市) 5時間トレッキング

|

« 対策を考える | トップページ | 痛み再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾白川渓谷トレッキング:

« 対策を考える | トップページ | 痛み再び »