« 「NAHAマラソン」仮申し込み | トップページ | 紫陽花 »

2015/06/07

恒例・下呂温泉一泊親孝行旅行

今週末は実家の両親を連れて、恒例の「下呂温泉一泊親孝行旅行」へ。

2,3日前までの週間天気予報では、週末は雨が降る予報だった。
が、週末直前になって、予報は晴れマークに変わった。
ラッキー!

昨日(6月6日)は、午後4時に下呂温泉に到着。
風はヒンヤリしていたが、日差しは夏の日差しだった。
こんなに晴れるとは・・・。

誰かの日頃の行いが良いんだねぇ。(^_^)

いつもは、なじみの宿に泊まっているが、今回は予約が取れず、初めての宿へ。

Rimg1785_r
Rimg1787_r
最上階の6階から眺める下呂温泉街と山々。
下呂温泉、何度来てもやっぱりいいね~。(*^。^*)

さっそく大浴場へGO!
”日本三名泉”で「美人の湯」と言われているだけあって、肌がツルツルに!
すごい!!
いつまでも湯船に浸かっていたい、そんな名湯だ。

夕飯はバイキング。

特別に、飛騨牛のサイコロステーキも頼んでおいた。
そんなに量はないだろうと思っていたが、予想以上に分厚くて、ひとり6切れもあるもんだから、両親は2切れずつ食べただけでギブアップ!
残りは自動的に私のところへ。
しばらくは、牛肉食べなくてもいいな。(+o+)

両親のうれしそうな顔を見て、今回も連れて来れて本当に良かったと思った。

翌6月7日(日)。
朝5時起床。

Rimg1794_r
天気はどうか?
雲は多めだが、晴れ間も見える。

5:15、恒例の早朝ランへ。

Rimg1798_r
まだ静かな温泉街を貸切気分でゆったり走る。

下呂大橋から飛騨川のほとりに作られた無料の露天風呂を眺める。
バイクが一台止まっていて、さっそく朝風呂を楽しんでいる様子。

Ca3a1126_r
白鷺橋では、チャップリンの像と何度目かの再会!
「やぁ、元気だったかい?チャップリン!」
一緒に写真を撮る。

山に向かって上っていくと、下呂合掌村。
白川郷から合掌作りの古民家が移築されている。

Ca3a1127_r
Rimg1803_r
さらに進むと、歩行者専用の縄文橋へ。
高さのあるアーチ型のこの橋からの眺めも格別。

Rimg1806_r
再び温泉街に戻り、無料の足湯「鷺の足湯」で”休足”。
後から来た奈良の女性と15分ほど旅の話などしていたら、額に汗がにじんでいた。
ちょっと長風呂になっちゃったな。
「良い旅を」と言って、その女性と別れ、再び走り出した。
旅の出会い、一期一会。

ゆっくり60分掛けて、温泉街を巡った。

朝食の時間まであと15分!
その前に汗を流したい。
急いで大浴場へ。
時間がない・・・が、ツルツルの温泉に浸かると、やっぱりもう少しこうして浸かっていたいなぁと思うのであった。

■今日のメニュー
早朝ラン(岐阜県下呂温泉街周辺) 60分ジョグ(8km)

|

« 「NAHAマラソン」仮申し込み | トップページ | 紫陽花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒例・下呂温泉一泊親孝行旅行:

« 「NAHAマラソン」仮申し込み | トップページ | 紫陽花 »