« 蒸し暑かった一日 | トップページ | 蒸し暑い! »

2015/07/19

2015「24時間リレーマラソンin富士北麓公園」

3年振りに、富士北麓公園(山梨県富士吉田市)で行われた「24Hリレーマラソン」に参加してきた。

富士宮のラン友H夫妻の紹介で、とあるチームの一員として混ぜてもらい、一周1.6kmの周回コースを合計で22周(35.2km)走った。

Ca3a1158_r
台風11号の影響を心配していたが、一日目は、時折小雨がパラつく程度で、風もあり、気温も高くなく、とても走りやすかった。

富士山も山肌がくっきりと見え、夜は山小屋と登山者のヘッドライトの灯りが光の線となり、きれいだった。

Ca3a1167_r
二日目になると、真夏の太陽が復活し、気温も急上昇!
富士山はさらにくっきりと見え、肉眼でも山小屋がはっきりと見えた。
(この日、関東甲信越地方は、梅雨が明けた)

我がチームM(仮名)は、リーダーのYさんを中心に、8人のメンバーで構成。
皆、3年前にも走っている頼もしいメンバーだ。

一周1.6kmの周回コースを平均10分ほどで走った。

昼間は、一人1~2周ずつ走り、夜は一人3,4周ずつ長めに走って、仮眠時間を確保。
おかげで、夜は4時間ほど仮眠できた。

一周=1.6km。
最初は、たった1.6kmかと、ナメていた。
が、走ってみたら、苦しいのなんのって!

周りのランナーが、やたらと速く見え、つい、つられて走ってしまう。
そして、次のメンバーへ襷を繋ぐんだ!という使命感(?)からか、気が付けば、必死に走っている自分がいた。

この感覚は、普段走っているマラソン大会では、なかなか味わえない感覚だ。
3年振りに会ったメンバーとの絆も、時間と共に強くなっていくのがわかった。
そっか、これがリレーマラソンなんだ。

スタートから23時間を過ぎ、いよいよラストランへ。
あと1周走ってアンカーのTさんに襷を渡せば、自分の役目は終わる。

前走メンバーを待っている間、昨日からの出来事を思い出していたら、なんだか胸がジ~ンとしてきてしまった。

前走のHさんから襷を受け取り、悔いのないよう思い切り走る。

コースの脇では、大会に参加している他のチームの選手、スタッフ、コニカミノルタの皆さんが一緒になって応援してくれていた。
これには大感激!

まずい、また泣いてしまいそう・・・。

なんとか堪え、アンカーのTさんに襷を預ける。

そしてゴール時間の午前10:00を皆でカウントダウン!

長いようで短かった・・・かもしれない「24時間リレーマラソン」が終わった。

チームの皆さん、そして、応援に掛けつけてくれた女子の皆さん、この大会に参加するきっかけを作ってくれたH夫妻に大感謝!

本当に濃い2日間だった。

リーダーのYさん、大会関係者の皆さん、他のチームの皆さん、ありがとうございました!

■今日のメニュー
「第21回 コニカミノルタ ランナーズ 24時間リレーマラソン in 富士北麓公園」参加。

1.6km周回コース×22周(35.2km) 約3時間40分ラン

|

« 蒸し暑かった一日 | トップページ | 蒸し暑い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015「24時間リレーマラソンin富士北麓公園」:

« 蒸し暑かった一日 | トップページ | 蒸し暑い! »