2016/09/11

2016塔ノ岳登山

今日は、地元のラン友”かげっちさん”に誘われて、神奈川県秦野市にある「塔ノ岳」(▲M1490)へ、山登りに出掛けた。

丹沢山系のひとつである「塔ノ岳」は、二人とも初めて登る山だった。

今回は、尾根に沿って上る片道6kmほどの「大倉コース」(通称「バカ尾根」)を往復。
上り4時間、下り3時間、計7時間の山行きだ。

スタート地点の「秦野戸川公園」までは、車で東名高速(富士IC~秦野中井IC)と一般道を使って1時間弱。
高速道では、けっこう強い雨が降っていて、今日の山行きは延期になるかも?と、心配した。

6:40秦野戸川公園前に到着。

公園の駐車場はまだオープンしておらず、隣の「どんぐり山荘」の駐車場に車を止めた。(駐車料金一日¥500)

心配していた雨だが、ここにきて霧雨程度になり、まずはひと安心。

7:00、カッパを着て、いざ出発!

登山口では、美人姉妹?の”丹沢クリステル”と”丹沢キャサリン”がお出迎え。(*^。^*)

雨もほとんど上がり、カッパを脱いだ。

それにしても、きれいに整備された山林と登山道だ。
ゴミひとつ落ちていない。
登山道の途中には、緊急時の連絡先が書いてある案内版、茶屋や宿泊も出来る山荘が複数あり、バイオトイレ(有料)もあった。

丹沢姉妹の”お・も・て・な・し”に感動!

歩き始めて3時間、「花立山荘」に到着。

お腹も空いてきたので、ここで早めの昼食タイムとした。
コンビニで買ったおにぎりとインスタント味噌汁が、ご馳走に感じた。

Ca3a1935_2_r
歩き始めて4時間後、標高1490mの山頂に到着!

けっこう長丁場なコースだったが、かげっちさんの適切なリードと、素晴らしい山環境に助けられ、なんとか怪我もなく、登頂できた。

Ca3a1937_r
山頂では、思いがけず”にゃんこ”の歓迎も受け、癒された。

誘ってくれたかげっちさん、ありがとうございます!

■今日のメニュー
塔ノ岳登山(大倉コース往復7時間) 徒歩14km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

2010『富士登山(富士宮口新五合目より)』

昨年の富士登山は、須走口五合目を夜8時に出発したものの、寒さと睡魔、そして9合目からの大渋滞(もちろん登山者の)に巻き込まれ、あえなく登頂断念。

今年はその教訓を活かし、一番楽なコースである富士宮口新五合目を早朝5:35に出発した。
一緒に登ったのは、今年の『チャレンジ富士五湖(72kmの部)』で、ウルトラデビューした神奈川のラン友Tさん。(昨年の富士登山も一緒に登った)

今朝の富士宮口の天気は曇り。気温13℃。
風は多少強かったが、山頂付近も良く見えてスタートは快調だった。
Ca3a0831_r
途中途中で小休止(トイレは有料で¥200)しながら、無理せずゆっくりと登った。
夏休み前とあってか登山者もまだ少なく、”登山道渋滞”もほとんどなく、快適に歩けた。

Ca3a0840_r
山頂には、スタートしてから約4時間30分後の10:10に到着。
『富士登山競争』の練習と思われるランナーさんもチラホラ。

意外と早い時間に登頂できたので、日本最高地点(3775.63m)の”剣が峰”まで登ってみることに。
Dsc05612_r
山頂付近、噴火口の中には、まだ雪が結構残っていた。
剣が峰で記念撮影しているうちに霧が立ち込め、あっという間に辺りは真っ白になってしまった。

剣が峰を後にし、山頂の山小屋や富士山臨時郵便局のあるところまで戻ると、雨も降りだし風も強くなってきた。
寒さのため、手や口はかじかみ、思わず山頂の山小屋に避難。
寒さをしのぐため、¥800という”富士山頂価格”のカップラーメン(お湯入り)を買って食べた。(値段通り?美味かった!)

山小屋を出るとさらに天候は悪化していた。
11:15、強風と霰交じりの雨の中、覚悟を決めて下山開始!
メガネが雨で曇り、前が見えず。メガネを外して歩いた。
時折、立っているのがやっとというくらいの突風も吹いた。

「山の天気は変わりやすい」。
なるほど、軽装で富士登山したら遭難するのは当たり前!
この状況で良く分かった。

13:30、富士山の厳しさと怖さを体感しながら、なんとか無事、富士宮口新五合目に戻ってきた。
今回、疲れはそれほど感じなかった。
6合目を超えた辺りから「空気が薄いなぁ」と感じ、ちょっと酔っ払ったような感覚にはなったが。

なにはともあれ、怪我なく無事帰ってこれて良かった。
Tさん、お疲れさまでした!

■今日のメニュー
富士登山(富士宮口新五合目~富士山剣が峰~富士宮口新五合目) 2時間(休憩含む)歩く (距離不明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/06

越前岳登山

今日は仕事休み。
朝から秋晴れ。
たまには気分を変えて山登りにでも。

Dsc05386_r_2
いつも通勤で使っている国道469号線沿いの富士市と裾野市の市境に、愛鷹(あしたか)連峰の最高峰・越前岳(えちぜんだけ)の十里木登山口がある。
駐車場やトイレも整備されていて、週末にもなると静岡、関東方面から多数の登山者がやってくる。

越前岳の標高は1507m。
西側に目を向けると、富士山の大パノラマが。
南を見れば伊豆半島、駿河湾まで見渡せる絶景。
いつも走っている田子の浦防波堤コースも見える。
所要時間も、上りゆっくりで2時間、下りゆっくりで1時間半と初心者向け。

午前9時に十里木登山口を出発。
越前岳、毎日通勤で見ているが、登るのは一年振りくらいか。
登山口はススキ野原ですっかり秋模様。
アザミの花がところどころに咲いていた。
Dsc05408_r
今日は残念ながら富士山には雲が掛かり、姿は見えない。

午前10時過ぎ、思った以上に足取り軽く、一時間ちょっとで山頂に着いてしまった。
さっそく記念撮影をし、シートを広げておにぎり一個をほおばる。
自分の部屋からも越前岳山頂がみえるから、山頂からもきっと自宅が見えるはず。
Dsc05401_r_2
目を凝らして探したが、近くの県水泳場のドームは良く見えたが、結局、自宅は探し出せなかった。

20分ほど休憩の後、下山。
Dsc05417_r
下山は写真を撮りながら降りたから意外と時間が掛かり、1時間10分後に登山口に到着。
それでもまだ午前11時半。
残りのおにぎりをベンチに座って食べた。
やっぱり自然の中で食べると、なんでも美味しい。

7月は竜ヶ岳、8月は富士山、9月は越前岳と山登りも月一で始めたので、これからもしばらくは月一で登ってみようと思う。

■今日のメニュー
越前岳登山(十里木登山口~越前岳~十里木登山口) 所要時間2時間12分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/16

竜ヶ岳登山

数日続いていた晴天も今日までで、今夜辺りから下り坂との天気予報。
せっかくの天気。午前中ハローワークに行く予定を変更して、久々に山へ行くことに。
暑さをしのげて、日帰り登山ができる近場の山となると・・・。
本栖湖にある竜ヶ岳(標高1485m)がピッタリ!

急いで登山の準備をし、昼飯用のおにぎりを2個作る。
ちょっと大き過ぎたけど、まっいいか。

Ca3a0242_r
車で一時間、本栖湖駐車場に到着。
トレッキングシューズに履き替えて、いざ出発!

本栖湖キャンプ場を抜けてしばらくすると、本格的な登山道に。
急斜面の道に、早くも大苦戦。
こんなんじゃ、富士登山競走なんてとても無理だぁ。

Ca3a0254_r
30分ほど登って視界が開けた。
振り返ると、でっかい富士山が。
この後、笹藪の道に変わった。
クマ除けの鈴を忘れたので、熊に会わないように祈りながら山頂を目指す。
時折振り返っては、富士山を眺め、写真に収めた。

スタートして1時間30分、竜ヶ岳山頂に無事到着。
ちょっとした広場のような山頂には誰もいなく、貸し切り状態だ。
Ca3a0258_r
ベンチが3つあり、富士山も良くみえる。

お腹もペコペコ。
さっそく手作りのおにぎりをほおばる。
見た目は悪いが美味いじゃないか。

30分ほど休憩して下山。
途中から、登って来た道とは別の登山道を下った。
つづら折りの急坂を下るのは、登りより大変だった。

山頂から1時間ほどで、本栖湖駐車場に戻ってこれた。
今はまだ静かな本栖湖だが、今週末から本格的な夏休みシーズンとなり、ここも連日賑やかになるのだろう。
家に帰り、今日はランを休んで筋トレだけ実施した。

■今日のメニュー
・竜ヶ岳登山 2時間30分トレッキング(6km)
・筋トレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)