2012/12/23

2012「富士マラソンフェスタ2012 in FUJISPEEDWAY」

2012年ラストの大会「富士マラソンフェスタ2012in FUJISPEEDWAY(ハーフ)」、走ってきた。

F1のコースを自分の足で(5周も!)走れるなんて、すごい!!
Ca3a05592_r
気分はF1ドライバー(笑)。

会場に着いた9:00頃は、まだ冷たい雨が降っていた。
Ca3a0555_r
が、ハーフの部のスタート前には、雨は止んでいた。
ヨカッタ。

それにしても寒かった!
ゴールしても、しばらくは手の感覚が戻らなかった。
”防寒対策”のつもりで持ってきた”サルの被り物(@¥100)が、マジで役に立った(笑)。

Ca3a0562_r
レースの方は、予想以上の勾配のキツさに苦戦し、5周目は失速してしまった。
やっぱり練習不足だなぁ(反省)。

ゴール後、具だくさんで熱々の豚汁をいただいた。
冷え切った体にジワ~っと、沁みわたる。
今まで食べた豚汁の中で一番美味しかった!
婦人部の皆さん、美味しい豚汁、ありがとうございました~!!

それから、暖房の効いたカーペットの休憩室もありがたかった。
トイレもきれいで待ち時間ゼロ。

寒さには凍えてしまったが、大会スタッフの皆さんの温かいおもてなし、素晴らしかった!!
ありがとうございました!!

■本日のメニュー
・アップ12分(2km)
・「富士マラソンフェスタ2012 in FUJISPEEDWAY」ハーフの部 完走。
記録:1時間44分8秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/25

2012「丹沢湖マラソン(ハーフの部)」

Ca3a0510_r
3連休最終日は、今年のロンドンオリンピック女子マラソン日本代表の尾崎好美選手の出身地、神奈川県山北町で行われた「丹沢湖マラソン(ハーフの部)」に参加。
数年前に一度参加したことがあり、今回で2回目の参加。

Ca3a0515_r
絶好の紅葉日和となり、ランと紅葉を満喫した。
首の痛みもまだあり、今日はファンランでいいと思って走り始めたが、気がつけばマジ走りしてた!
やっぱり気持ちが一番なのかも。

走った後は、温かいシシ汁をご馳走になった。

Ca3a05172_r
ほのぼのとした雰囲気の大会で、コースも走りやすく、お気に入りの大会のひとつに加わった

■本日のメニュー
「第34回 丹沢湖マラソン」ハーフの部 完走。
記録:1時間39分54秒

◎5km毎ラップ(手元時計)
 5km:25分57秒
10km:23分49秒
15km:22分58秒
20km:22分44秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/21

2012「大町アルプスマラソン」

秋晴れのもと、今年も「大町アルプスマラソン」走ってきた。

大会前日、嫁さんと一緒に大町入り。
毎年お世話になっている木崎湖温泉の民宿に泊まる。
今回は、交通事故から復活した名古屋のラン友H田さんも一緒の宿。
実はH田さん、私と嫁さんを引き合わせた”愛のキューピット”でもある。

Rimg0064_r
さて、大会当日、体育館では長野のラン友H山君とMちゃん、S水さん、S木君と久々の再会。
H山君とS水さんはフル、S木君はハーフ、めぐちゃんは応援とのこと。

8:50、フルマラソンの部、スタート!

今回の目標は、”サブ3.5完走”。
だが、追い込んだ練習はできず、目標達成はかなり厳しいだろう。
とはいえ、最初から諦めていては、どうしようもない。
キロ5分ペースで、行けるところまで行ってみることにした。

スタートして8kmまでは緩い下り坂。
のどかな田園風景を眺めながら、一年振りに再訪できたことに感謝。

この大会、1kmずつ距離表示がされていて、さらに「エイドまであと1km」の表示もあり、後半疲れてきた頃、この表示を見ては何度も励まされた。
エイドには水、スポーツドリンクの他に、食べやすいようにカットされたリンゴ、バナナ、パンなどがあった。
この”ひとくちリンゴ”がとっても良かった。
水は飲んでしまえば終わりだが、リンゴは飲み込むまでに少し時間が掛かるので、水分補給の持続が可能なのだ。
しかも美味しい!

最初の折り返しで戻ってきたランナーの中に、ジョグノート仲間のzazieさんを見つけ、エール交換。

Ca3a0451_r
8km地点で折り返し、今度は大町温泉郷(21km地点)まで続く緩い上り坂。

しばらくして、ラン友H田さんに追いつく。
マイペースで行きましょうね、H田さん!

10km地点で、長野のラン友Mちゃんの応援を受ける。
応援ありがとう、Mちゃん!

10km地点のラップ、49分42秒。
今のところ、順調すぎるほど順調だ。

Ca3a0454_r
間近に迫る北アルプスの山々。
黒い実をつけた蕎麦畑。
道路沿いに見られる小さな道祖神。
癒されるなぁ。

20km地点のラップ、52分29秒。
キロ5分オーバーしたが、上り坂だったからヨシとしよう。
後半の下りで挽回だ。

20kmのエイドを過ぎて右折し、ようやく上り坂から解放される。
中間地点では、毎年ランナーのために大声援を送ってくれるグループがいる。
今年も元気をいただきました。
いつもありがとう!!

25km地点通過。
もう25km?!という感じだった。
もしかしたら、本当にサブ3.5でゴールできるかも?と淡い期待も。
(そうは問屋が卸さなかったが・・・)

いよいよ中盤、定宿のある木崎湖温泉へ。
泊った民宿の西側がコースになっていて、毎年、宿のお母さんが応援してくれる。
毎回それを楽しみにしていた。
今年は用事があるらしく、宿を出る時に「応援できないかも」と言って、飴玉をいただいた。
言っていた通り、お母さんの姿はなかったが、今朝まで泊っていた部屋の窓を眺めながら、心の中で「ありがとう!」と言って通り過ぎた。

宿を過ぎて、折り返してきたzazieさんと2回目のすれ違い。
「速い!」とひと言、声を掛け、ハイタッチ!
元気をもらう。

木崎湖が見えてきた。
Ca3a0457_r
大きくて静かな湖だ。
キャンプ場を過ぎたところで、2回目の折り返し。

湖の途中で名古屋のH田さん、長野のH山君とすれ違う。
「ガンバ~!!」

再び民宿の前を通り、30km地点通過。

木崎湖温泉を抜け、35kmまで緩い上り坂。
いつも、この5kmがいちばん辛い。
ペースが落ちても絶対歩かないという気持ちで走る。

源汲橋が見えてきた。
この橋を渡れば、あとは下りだ。

35kmからずっと下り。
この下りでタイムを稼げれば、サブ3.5も夢ではない。

ところが、体が思うように動かない。
肩はピリピリ、足は棒のようだ。
辛くて辛くて・・・でも、とにかく最善を尽くそう。
まだまだ諦めないゾ!

「丹後」でのリタイアが、諦めない気持ちを思い出させてくれた。
無駄なことはなにもない。

二つ目の橋を越え、ハーフの部の選手と一緒になる。
残り3km!

大会会場のアナウンスが聞こえてきた。
がむしゃらに走る!

嫁さんが1km手前で応援してくれていた。
昨年は不覚にも感極まって泣いてしまったが、今年は涙なし!
ガッツポーズで嫁さんに応える。

運動公園に入り、S木君、めぐちゃんの声援を受け、いよいよグラウンドへ。
残り300mがやたらと長く感じた。

ついにゴール!!
芝生の上で大の字になる。

タイムは3時間35分台。
目標の3時間30分内完走は果たせなかったが、100%出せる力を出しきったので悔いなし。

その後、H田さん、S水さん、H山君、と続いてゴール!
Ca3a0461_r
みんな、お疲れ様でした~!!

今年の大町も、すごく楽しく走ることができた。
大会関係者の皆さん、大町の皆さん、応援してくれたすべての皆さん、ありがとうございました!!

■本日のメニュー
「第29回 大町アルプスマラソン」フルマラソンの部 完走。
記録:3時間35分3秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/16

2012「丹後100kmウルトラマラソン」

初挑戦の「丹後100kmウルトラマラソン」が終わった。

結果は・・・。
Ca3a0388_r
まだ2時間以上の余裕がありながら、85km地点で自らリタイヤを申し出た。

暑さは、言い訳にもならない。
敗因は、練習不足と気持ちの弱さから。

来年、もしチャンスがもらえたなら、もう一度チャレンジしてみたい。
今度こそ、しっかり練習積んで。

ウワサ通り、厳しい峠越えのコースと暑さだった。
Ca3a0369_r
しかし、それに勝るサポートエイド、地元の皆さんの応援、素晴らしい景色。
お世話になった宿も、素晴らしかった。

85kmまで歩みを進めたのも、皆さんのサポートがあったからこそ。
感謝の気持ちでいっぱい。
ありがとうございました!

そして、気持ち良く送り出してくれた嫁さんに、ありがとう!!

■今日のメニュー
「第12回 丹後100kmウルトラマラソン」(100kmの部) 85kmエイドでリタイヤ
記録:リタイヤ(85km地点、非公式タイム11時間54分26秒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/26

2012 「北海道マラソン」

2007年以来、5年振り2度目の「北海道マラソン」に挑戦!

Ca3a0321_r
練習不足、気力不足で厳しい展開は覚悟していたが、なんとかサブ4で完走できた。

北海道の皆さま、応援してくれたラン友さん、大会ボランティアの皆さん、ありがとうございました!!
皆さんから、何度も何度も背中を押していただきました。

■今日のメニュー
「第26回 北海道マラソン」(42.195km)完走。
記録:3時間51分47秒

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/07/15

2012「24時間リレーマラソンin富士北麓公園」

三連休の前半二日間を使って、「24時間リレーマラソンin富士北麓公園」に参加。
Ca3a0203_r
今回、地元のラン友Nちゃんに声を掛けてもらい、Nちゃんの職場チームの一員として走った。
公園内に設定された1.6kmのコースをタスキで繋ぎながら、24時間で何周走れるか競う。

走る前は「1.6kmなんて楽勝じゃん」なんてナメていたが、いざ走ってみたらこれが苦しいのなんのって!

タスキを受け取り、トラックを50mほど走って競技場を出ると、いきなりの上り坂。
よ~し、いくゾ~!と気合が入り、ついつい周りのペースに負けじと頑張ってしまう。
ここで頑張り過ぎるから、坂が終わるともうヘロヘロ。
でも、仲間が待っていると思うと、そう簡単にペースを落とす訳にはいかない。
心臓が口から飛び出すんじゃないかと思うほど苦しいが、とにかく必死に頑張る。

後半の下り坂もガンガン駆け下り、競技場内へ。
肩に掛けたタスキを腕に持ち替え、次のメンバーに渡す。

走り終わった後は、フィールド内で大の字になった。
荒い息遣いをしながら空を見上げる。
なんともいえない充実感。

60~120分に一回、自分の番が回ってきた。
一回で1~2周走った。
監督から特に指示はなかったが、一周一周全力で走った。

最初の頃は、一周6分30秒ペース(キロ4分4秒)。
時間と共にペースも落ちてきたが、なんとか一周7分台をキープした。

夜は富士山に光の帯が出現。
山小屋と夜間登山者のヘッドランプの光だ。
自分も苦しいが、あの登山者も山頂目指して頑張ってる。
そう思いながら気持ちを繋いだ。

翌日早朝4時前、空が少しずつ白けてきた。
この時間帯が一番眠い。
疲労もピーク、1時間ほど仮眠させてもらう。

Ca3a0228_r
目が覚めてテントの外に出ると、完全に朝になっていた。
相変わらず雲が多めだが、青空と太陽も時折顔を見せる。
不思議なもので、太陽が出てくると元気になった。

朝6時、スタートしてから20時間。
寝ていたメンバーも全員起きて、走るメンバー最大人数になる。
自分の出番は、あと2回(2周)。
本当のところ、もう何周走ったのかわからなくなっていた。
まあ、その辺のところはだいたいで。

9:00、フィニッシュまでいよいよあと1時間。
ラストランだ。
これまで以上に気合が入る。

タスキを受け取り、競技場を出てすぐ上り坂。
何度走っても、この上り坂はキツいなぁ。

後半の下り坂を駆け下りると、沿道の皆さんからハイタッチを求められた。
右手が痛くなるほどハイタッチの帯は続く。
なんとその帯は競技場内まで続いていた。
やめるにやめられない。
こんなに”うれしくて辛い”ハイタッチは初めてだ。
ランナーも応援する人も、一緒に24時間戦ってきた。
そんな気持ちがハイタッチの帯として現れたんだろう。

次のメンバーにタスキを繋ぐと、例によってフィールド内で大の字になった。
汗が額をつたう。
空を見上げながら、昨日から走ってきたことが頭の中に湧き上がる。
みんな本当に頑張った。
なんてったって、24時間だもんな。

一人で走り続けるマラソンもいいが、こうしてみんなでタスキを繋いでゴールを目指すっていうのもいいもんだな。
そんなことを考えていたら、なんだか目頭が熱くなった。
歳を取ると涙もろくなってしょうがない。

Ca3a02322_r
最後はチームメイトみんなで応援した。
もう、どのチームの誰なんて関係ない。
みんな仲間だ。

チーム最速のアンカーT君がトラックに戻ってきた。
みんなで祝福。

結果は、224チーム中71位と大健闘!
24時間で176周(281.6km)。
みんな、最後まで本当に頑張った!

チームのみんな、お疲れ様でした!
監督のYさん、大変お世話になりました。
そして、この大会に誘ってくれたNちゃん、本当にありがとう!!

大会を支えてくれた関係者の皆さんとボランティアスタッフの皆さんに大感謝!!
もしまた機会があれば、参加してみたいと思った。

■今日のメニュー
2012「24時間リレーマラソンin富士北麓公園」(1.6km×14周=22.4km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/17

2012「西湖ロードレース湖2周(20.5km)の部」

Ca3a0161_r
朝方まで降っていた雨も、会場の西湖野鳥の森公園に着いた頃には止んだ。
湖のすぐ後ろには、初夏の山々がくっきりと迫って見えた。

9:20、湖一周の部(10.7km)のスタートを見送った10分後に、湖2周の部(20.5km)がスタート!
比較的前方の位置からスタートが切れたため、ランナー渋滞にもハマらずスムーズに走り出すことができた。
今日の目標は、キロ5分ペースで走り始め、後半ペースを上げて1時間40分以内でゴール、と設定した。

Ca3a0164_r
ふと見ると、山頂付近の富士山が姿を現した。
まだまだ雪が残っている。
元気をもらった。

最初の5km、24分8秒。
ちょっとペースが速かったが、調子が良さそうなのでこのままのペースで進む。
気温と湿度が高く、額からは早くも汗がポタポタと流れ落ちる。
マメに給水をする。

Ca3a0165_r
小さなカーブが続く湖周遊道路。
ランナーの帯が、対岸まで続いている。

途中で湖1周のランナーに追いつき、ぶつからないように避けながら前に進む。
しばらくして、元会社の上司だったKさんの後ろ姿を見つけ、声を掛けた。

西湖温泉、キャンプ場を通り過ぎ、根場(ねんば)民宿地区内で一周の部と別れ、スタートした上り坂を再び駆け上がり2周目に突入!
急にランナーの数が減り、ちょっとさびしい。

10km通過、47分22秒。
いいペースで走れてる。

少しずつ前のランナーに追いつき追い越しながら、ゴールを目指す。
徐々に足の筋肉が硬くなってきた。
このペースでどこまで行けるか?
行けるところまで行ってみることに決めた。

だんだん辛くなってきた。
それでもなんとかペースを落とさずに走れている。

15km通過、1時間10分13秒。
これで約5分の貯金ができた。

ここからが正念場。
足が辛い・・・。
幸い、腕振りはできている。
きっとほぼ毎日している筋トレ&ストレッチの効果だろう。
やってて良かった。

18kmを過ぎ、ふぅ、あと2.5kmだ。
15~18kmの3kmが、やたらと長く感じた。

トイレのある駐車場付近から、沿道の声援が増えた。
ラストスパートを掛ける。
根場民宿地区を過ぎると、最後の上り坂。
この坂がまた”ランナー泣かせ”。

腕を大きく振り、顔をくしゃくしゃにさせながら、ゴールの野鳥の森公園を目指す。
「もう少し!がんばれ!!」の声援が後押ししてくれた。

そしてゴール!!
1時間35分台。
なかなかいいタイムだ。
Ca3a0168_r
汗びっしょりになったTシャツの重みを感じながら、完走の喜びに浸った。

8月の「北海道マラソン」も、こんなペースで走れたらいいな。
完走のご褒美に、富士吉田うどん(¥350)を食べた。

■今日のメニュー
「第28回 西湖ロードレース」湖2周の部(20.5km)完走。
記録:1時間35分36秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/27

2012「山中湖ロードレース(ハーフの部)」

Ca3a0125_r
ここ数年、雨ばかりの「山中湖ロードレース」だったが、ようやく今年は好天に恵まれ、きれいな富士山を眺めながら走ることができた。

今回は一緒に参加した神奈川のラン友T雄さんのペースに合わせて、気持ち良く走った。
最後は、T雄さんと東京のラン友Sキングさんと3人並んでゴール!
応援団のW辺さんご夫妻、S子さん、えりちゃん、ありがとう!!

これで5月の三連戦が終了。
月間走行距離も250kmをクリア。
次の大きな目標は、8月の「北海道マラソン」。

気持ち良くスタートを切れるように、これから3ヶ月間、またコツコツと練習積んでいこう。

■今日のメニュー
「第32回 山中湖ロードレース」ハーフの部 完走。
記録:2時間7分29秒

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/20

2012『野辺山ウルトラマラソン(71kmの部)』

初挑戦!『野辺山ウルトラ(71kmの部)』。
なんとか完走!!

50kmまではエイドとトイレ以外は走り続けることができた。
がその後、徐々にペースが落ちる。
足の筋肉がパンパンに張り、肩の筋肉もピリピリと痛くなる。
ガマンも限界に達し、55km過ぎ、ついに歩き始めてしまった。
内臓もやられ、エイドでも水くらいしか、体が受け付けなくなっていた。
55kmから59kmの北相木村役場までの上りが一番辛かった。

その後も、ちょっと走っては歩きを繰り返し、なんとか70km地点まで。
Pap_00932_r
残り1kmだけは、根性で走りきりゴール!!

100kmのランナーは、さらにここから峠越えの30kmが待っている。
あなた達、凄すぎる!

Pap_0090_r
天気はスタート時くもり、気温7℃。
徐々に晴れてきて、午後からまた雲が出てきてゴールした14時過ぎには、パラパラっとにわか雨も。
自分にとっては暑すぎず、寒すぎず、汗もじわっと滲む程度で走りやすいコンディションだった。

また、コースもエイドも充実していて大会運営が素晴らしかった。
ボランティアの皆さんの素晴らしい応対、地元の方の声援や自宅前での給水サービスに何度も励まされ、助けてもらった。
本当にありがとうございました!

■今日のメニュー
『第18回 野辺山ウルトラマラソン』(71kmの部)完走。
記録:9時間14分40秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/13

2012『富士裾野高原マラソン(ハーフの部)』

愛知のラン友H田さんと『富士裾野高原マラソン(ハーフの部)』走ってきた。

8:00過ぎ、裾野市運動公園、会場入り。
あぁ、懐かしいなぁ。

昨日は富士山の姿を観ることができなかったが、今日は朝からバッチリ観ることができた。

でっかい富士山に新緑の愛鷹連峰。
Ca3a0070_r
清々しい青空とブルートラックの裾野市陸上競技場。
もうこれだけで、ワクワクしてきた。

昨年の大会は震災の直後とあって、来場者も例年の8割程度に思えたが、今年はまた大勢のランナーと応援の人で賑やかだった。

来場してすぐ、御殿場のラン友U山さんと再会。
わざわざ応援に駆けつけてくれた。
U山さんは、来月の『飛騨高山ウルトラ』に向けて、練習頑張っているところ。

サブグラウンドでは、富士宮駅伝仲間のI出さん、昔の職場の上司だった富士市のK原さんとの再会もあった。

9:45、準備運動を終え、ハーフスタート地点へ。
初参加のH田さん、ちょっと緊張しているみたい。
私はいよいよ来週に迫った『野辺山』を想像し、ちょっと緊張していた。

10:00、ハーフの部スタート!!
太鼓の応援を受けながら、トラックを4分の3周走り、ロードへ。
さっそく長い上り坂。
Ca3a0074_r
富士山に向かって走っていく通称「パノラマロード」。
ちょっと前までマイ練習コースだったことを懐かしく思い出しながら、ニコニコ顔で走る。

1km地点を過ぎ、H田さんの背中を発見!
しばらく並走してから、先を目指す。

少しずつペースを上げ、まずは”10kmの部折り返し地点”の大野路交差点を目指す。

ロードでも3ヶ所で太鼓の応援を受ける。
毎年、ありがとうございます!

額から汗が流れ出す。
ちょうど良いところに給水エイドが設置されていてGOOD!
大野路交差点手前で、再びU山さんの声援を受ける。
ありがとうございます!

大野路交差点を左折し、周回コースとなる。
須山の農協の交差点を左折し、下り坂。

上り、下りを繰り返しながら再び「パノラマロード」へ。
10kmのランナーと合流し、キツイ上りを1kmほど上り、また大野路交差点で左折。

茶髪のイケメン兄ちゃんと”抜きつ抜かれつ”していたが、2周目の周回を終えて、一気に下り坂になって、イケメン兄ちゃんにぶっちぎられた(爆)。
そっかぁ、力を温存していたのね。

4km近く続く下り坂を”ごぼう抜き”しながらスパートしたのは昨年のこと。
今年は足の筋肉がパンパンに張ってしまい、ペースが上がらなかった。

ようやく運動公園に戻ってきた。
競技場内に入って、スタート時にも応援してくれた太鼓の皆さんから元気をもらいラストスパート!!

バンザイをしながらゴール!
なんとか1時間40分れ、1時間39秒56秒。
残り4秒縮められたのは、太鼓の皆さんのおかげ。

これで少しは『野辺山』に向けて希望が見えてきた。
うん、来週も頑張ろう!

ゴールして5分後に、H田さんがトラックに戻ってきた。
「ラスト、行け~~~!」と激を飛ばす。

Ca3a00802_r
完走証を手にゴール前で記念撮影。
H田さん、お疲れさまでした!

美味しい豚汁をいただき、会場を後にした。
やっぱり自称「裾野市運動公園坂道コース」は最高だ~!

■今日のメニュー
『第36回 富士裾野高原マラソン』 ハーフの部完走。
記録:1時間39分56秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)